« 条件付での融資は当たり前だ | トップページ | 賃金が低下すれば消費拡大するわけがない »

2011.12.24

中国 北朝鮮当局に書簡

 中国外務省は20日、北朝鮮当局に書簡を送った。
 韓国紙、毎日経済新聞が北京の関係者の話として故金正日総書記の後継者
    金正恩氏
に中国訪問を招請したと伝えたという。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 北朝鮮では朝鮮戦争当時は中国とソ連の両勢力の影響を受けた軍人のよる支配であったが、中国とソ連の関係が悪化した時に、ソ連派の軍人は全て粛清されたため、現状では中国寄りの軍閥が支配している状態にある。

 こうした軍閥の御輿の上に乗った形で政権を維持してきた金政権だが、突然、死亡した総書記の死亡には謎があるようなメディア報道も推測の域を出ない。
 独裁国家では情報の統制や偏向は日常茶飯事であり真実が明らかになるまでには時間が掛かるだろう。

 中国の保護下にある金正男氏(長男)の扱いが注目されるところだが、中国内での暗殺計画を阻止したような対応が北朝鮮国内では中国が適切な対応が取れないため、葬儀には出る可能性はない。
 ただ、中国が世襲による政権移譲に嫌悪感を示してきたことから、金正恩氏を書簡で呼び出し始末を付け、その後の取り巻きをどうするのか注目したい。
 当然、金正男氏派の北朝鮮軍人や取り巻きは冷や飯を食っていることは明らかであり、国内経済等で失政が拡大すれば行動が起きることも考えられる。

 北朝鮮国民や軍事組織の反応が見えないが、経済悪化が拡大すれば、中国派軍人の集団指導体制に移行する可能性が一番高いだろう。

   

« 条件付での融資は当たり前だ | トップページ | 賃金が低下すれば消費拡大するわけがない »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53554882

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 北朝鮮当局に書簡:

« 条件付での融資は当たり前だ | トップページ | 賃金が低下すれば消費拡大するわけがない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ