« 昨年12月の新規融資等が増加 金融情勢が緩和 されつつある可能性(中国) | トップページ | 欧米の金融危機では基準を変えることか? »

2012.01.09

欧州の信用劣化はいつになったら止まるのだろうか

 欧州中央銀行(ECB)の発表(9日)
 ユーロ圏の市中銀行が預け入れる翌日物預金の残高が6日
   4636億ユーロ
となり、前日5日の
   4553億ユーロ
に続いて過去最高を記録した。

 また、ECBのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では
   欧州のソブリン債を保証
するコストが過去最高を更新した。

 西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドで構成する
   マークイットiTraxx・SovX西欧指数
は4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、386bpを付けた。
 通常、スプレッド上昇は信用の質が劣化したとの認識を示唆する。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 欧州の信用不安が収まりきっていないようだ。
 フランスとドイツ首脳の協議が日本時間の明日未明に開催される。
 国益の妥協点が双方の国民が納得出来るかどうかが重要なことだ。

 

この一冊で世界史と世界地理が面白いほどわかる!
日本海軍 失敗の本質
あと5年で中国が世界を制覇する
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書
 

« 昨年12月の新規融資等が増加 金融情勢が緩和 されつつある可能性(中国) | トップページ | 欧米の金融危機では基準を変えることか? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53696771

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の信用劣化はいつになったら止まるのだろうか:

« 昨年12月の新規融資等が増加 金融情勢が緩和 されつつある可能性(中国) | トップページ | 欧米の金融危機では基準を変えることか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ