« 12月の住宅ローン承認件数(英国) | トップページ | 意識朦朧 »

2012.01.25

日本から資金を引き出す目論見は失敗?

 英国の金融最大手HSBCが日本での
   富裕層向けリテール事業 HSBCプレミア
の売却を検討していることが明らかになった。

 欧州債務危機が深刻化する中、2008年の日本での
   サービス開始から4年
で同業務から撤退する可能性が出てきた。  
 買い手が見つからない場合、同事業の閉鎖もありうるという。

 HSBCでは欧州危機が広がりを見せる中
   新たな自己資本規制
に備えるため日本、韓国、タイを含むアジア諸国で資産売却など業務縮小を進めている。

 日本では昨年12月、クレディ・スイスにプライベートバンキング事業を売却することで合意している。

 日本のリテール金融サービス市場では
   1471兆円(9月末時点)
に上る個人金融資産をめぐり、外国勢ではHSBCのほか、米国のシティグループや英国のスタンダードチャータード、国内勢ではみずほや三菱UFJなどの大手銀行グループが富裕層業務を積極的に展開している。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 日本政府が米国の債券等に投入した資金が大幅に目減りしている現実がある。この影響で本来であれば国民の借金としてマスコミに発表している国債が清算できない。
 ただ、考える視点を変えれば無理して借金を減らさずとも
   海外投資家が買いたい
というのであればお札を印刷して為替市場に大量に投入してやればいい。
 そうすれば、国の格付けは下がり一気に円が200にでもなれば借金も半減どころか大部分が前倒しで償却できるだろう。(ただ極めの手法だが・・・)

 徳川時代の吉宗のような政策では何も後に残らない。
 やはり、尾張徳川の宗春のように借金してでも金を使って、産業振興を図ったうえで、ばら撒いてインフレを起こせばいい。

  

« 12月の住宅ローン承認件数(英国) | トップページ | 意識朦朧 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53823712

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から資金を引き出す目論見は失敗?:

« 12月の住宅ローン承認件数(英国) | トップページ | 意識朦朧 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ