« 中国 10-12月期の国内総生産(GDP) 過去10四半期で最も低い伸び | トップページ | 最貧地域での経済開発を促す(中国) »

2012.01.18

新発債の表面利率などをめぐる協議を再開(ギリシャ)

 国際金融協会(IIF)は
   チャールズ・ダラーラ専務理事
BNPパリバSA会長の上級アドバイザー
   
ジャン・ルミエール氏
が18日にアテネに戻り、ギリシャと
   債務交換協議
を再開すると発表した。

 なお、協議は先週、新発債の表面利率などをめぐって対立し休止となっていた。          

 IIFの発表文によると、ダラーラ専務理事とルミエール氏は
   自発的なギリシャ債務の交換
で合意を模索する決意をあらためて示した。
 また、この目的に向かって
   切迫感と誠意
を持って取り組むよう全ての関係者に呼び掛けたという。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

ひとこと
 債務の繰り延べには当然ながら金利負担の増加が当たり前だ。
 現行で景気後退の動きが続いている状況であれば低金利になるものの、景気回復気の上昇を加味する必要があるだろう。

« 中国 10-12月期の国内総生産(GDP) 過去10四半期で最も低い伸び | トップページ | 最貧地域での経済開発を促す(中国) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53763309

この記事へのトラックバック一覧です: 新発債の表面利率などをめぐる協議を再開(ギリシャ):

« 中国 10-12月期の国内総生産(GDP) 過去10四半期で最も低い伸び | トップページ | 最貧地域での経済開発を促す(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ