« 高額戦闘機に価値があるのか?構造的な問題が解決できていない... | トップページ | 狂瀾怒涛 »

2012.01.26

お目出度い国家観は早く捨て去るべきだ!!

 欧州委員会のアルタファイ報道官が26日、ブリュッセルで 欧州中央銀行(ECB)が
   保有ギリシャ債
で損失を受け入れることについて、いわゆる
   トロイカ
ではいかなる協議もこれまで行われていないことを明らかにした。          

 記者団に対し私が知る限り、この問題に関する話し合いはこれまでないと述べた。

 なお、トロイカとは欧州委員会と国際通貨基金(IMF)、ECBの当局者で構成する。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 欧米人のしたたかさを知るべきだ。
 自国の利益を最優先する姿勢を持ったうえで
   タフな交渉を繰り広げ
ることが必要で最低限の能力だろう。
 日本政府や日銀のように
   世界経済の回復 など
というような甘い考えで資金を湯水のごとく溝に捨てるがごとく出すような者は誰一人いないことを知るべきだ。

 国連中心主義などというような思考すらい。表面的には発言することもあるが全て自国のためだ。 

 
 国連中心でスーダンなどへ
   自衛隊を出す
ことで本来であれば同国で
   鉱物資源等に絡む権益
を拡大するのが筋だが、何も要求しない
   お目出度い国扱い
では情けなく過ぎる。

 ただ、攻撃を受けた場合の重火器の使用制限等被害を受けるリスクを排除するような情報収集活動要因や現地スタッフの採用等事前準備無く派遣すること事態何を考えていると言いたい。

 自衛隊を派遣するのであれば、重火器の使用を認めるべきであり、国内法との摺り合わせ等もなく殺人罪等に問われかねない現状を改善しておくことが必要だ。

 米軍の法体系を取り入れて、戦闘行為や防衛行為における問題は国内の裁判所とは別に軍事裁判所等を先に設置しておくことが必要だろう。

    

« 高額戦闘機に価値があるのか?構造的な問題が解決できていない... | トップページ | 狂瀾怒涛 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53831441

この記事へのトラックバック一覧です: お目出度い国家観は早く捨て去るべきだ!!:

« 高額戦闘機に価値があるのか?構造的な問題が解決できていない... | トップページ | 狂瀾怒涛 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ