« 対等で公平な交渉が期待できない | トップページ | 中国国有企業の昨年1-11月の純利益 »

2012.01.05

フランス国債の需要を測る今年最初の試金石

フランス政府は格付けが
   最高水準の「AAA」
から引き下げられる可能性がある中で5日に
   最大80億ユーロ(約7940億円)規模
の国債入札を実施することから、同国債の需要を測る今年最初の試金石となる。

 欧州危機の拡大懸念が強まる中でフランス国債のドイツ国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は昨年11月17日、1990年以来最大の204ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となった。
 今年1月4日には139bpまで縮小したものの、他の「AAA」格付け国であるフィンランド(46bp)やオランダ(38bp)を大きく上回っている。

  ドイツ政府は4日に実施した国債入札で
   41億ユーロ
を調達、応札額は目標上限を上回った。

 ドイツ入札を皮切りに各国の調達ラッシュが始まるが、ユーロ圏首脳がユーロを存続させられるかどうかはその成否によって決まる可能性がある。

 また、イタリアとスペインなども近く国債入札を予定しており、ドイツ銀行によると1-3月(第1四半期)の調達総額は2620億ユーロに達する可能性がある<p> フランス政府は格付けが
   最高水準の「AAA」
から引き下げられる可能性がある中で5日に
   最大80億ユーロ(約7940億円)規模
の国債入札を実施することから、同国債の需要を測る今年最初の試金石となる。

 欧州危機の拡大懸念が強まる中でフランス国債のドイツ国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は昨年11月17日、1990年以来最大の204ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となった。
 今年1月4日には139bpまで縮小したものの、他の「AAA」格付け国であるフィンランド(46bp)やオランダ(38bp)を大きく上回っている。

  ドイツ政府は4日に実施した国債入札で
   41億ユーロ
を調達、応札額は目標上限を上回った。

 ドイツ入札を皮切りに各国の調達ラッシュが始まるが、ユーロ圏首脳がユーロを存続させられるかどうかはその成否によって決まる可能性がある。

 また、イタリアとスペインなども近く国債入札を予定しており、ドイツ銀行によると1-3月(第1四半期)の調達総額は2620億ユーロに達する可能性がある フランス政府は格付けが
   最高水準の「AAA」
から引き下げられる可能性がある中で5日に
   最大80億ユーロ(約7940億円)規模
の国債入札を実施することから、同国債の需要を測る今年最初の試金石となる。

 欧州危機の拡大懸念が強まる中でフランス国債のドイツ国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は昨年11月17日、1990年以来最大の204ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となった。
 今年1月4日には139bpまで縮小したものの、他の「AAA」格付け国であるフィンランド(46bp)やオランダ(38bp)を大きく上回っている。

  ドイツ政府は4日に実施した国債入札で
   41億ユーロ
を調達、応札額は目標上限を上回った。

 ドイツ入札を皮切りに各国の調達ラッシュが始まるが、ユーロ圏首脳がユーロを存続させられるかどうかはその成否によって決まる可能性がある。

 また、イタリアとスペインなども近く国債入札を予定しており、ドイツ銀行によると1-3月(第1四半期)の調達総額は2620億ユーロに達する可能性がある<p> フランス政府は格付けが
   最高水準の「AAA」
から引き下げられる可能性がある中で5日に
   最大80億ユーロ(約7940億円)規模
の国債入札を実施することから、同国債の需要を測る今年最初の試金石となる。

 欧州危機の拡大懸念が強まる中でフランス国債のドイツ国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は昨年11月17日、1990年以来最大の204ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となった。
 今年1月4日には139bpまで縮小したものの、他の「AAA」格付け国であるフィンランド(46bp)やオランダ(38bp)を大きく上回っている。

  ドイツ政府は4日に実施した国債入札で
   41億ユーロ
を調達、応札額は目標上限を上回った。

 ドイツ入札を皮切りに各国の調達ラッシュが始まるが、ユーロ圏首脳がユーロを存続させられるかどうかはその成否によって決まる可能性がある。

 また、イタリアとスペインなども近く国債入札を予定しており、ドイツ銀行によると1-3月(第1四半期)の調達総額は2620億ユーロに達する可能性がある。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 欧州の債務危機の波及でソブリン債券の償還資金を出してくれる国や金融機関が限定されてきている。
 震災復興の債券発行を行っているが、国内からの資金提供のみが目的であり、自己完結型の経済システムであり利潤も限定的だが、国民負担が増加するデメリットがある。
 なぜ、保有している米ドルや米国債券を原資にファンドを発行し、保有資産の有効活用を図らない点が解せない。
 言葉はいかにも期待できるような内容だが、実を伴っておらず絵に描いた餅を評論するだけの者では、国民を飢えさえるだけの政治家だ。

  

« 対等で公平な交渉が期待できない | トップページ | 中国国有企業の昨年1-11月の純利益 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53660820

この記事へのトラックバック一覧です: フランス国債の需要を測る今年最初の試金石:

« 対等で公平な交渉が期待できない | トップページ | 中国国有企業の昨年1-11月の純利益 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ