« 北朝鮮が3度目の核実験を行う公算と警告(韓国 シンクタンク) | トップページ | 米中会談 互恵関係を確認 »

2012.01.12

追加緩和 に対する立場を固めることは望んでいない。(米国)

 ロックハート総裁(アトランタ連銀)の講演(11日)
   場 所 アトランタ
 アトランタ連銀では
   米国経済の景気の改善
は緩やかなペースだが
   経済の大半の分野
で本格的な前進が見られると予想していると9日の発言内容を繰り返し述べ、米国連邦公開市場委員会(FOMC)が
   インフレが2%付近
で推移していることや
   緩慢な前進ながらも失業率が低下
していることを考慮すれば
   追加緩和
に対する立場を固めることは望んでおらず
   再び市場金利の低下
を試みるべきかどうかについては判断を留保した。

 講演後の質疑応答では
   住宅市場の問題
は依然かなり深刻だと発言したうえで
   住宅価格の下落継続
は、まだ底入れしていないことを示唆している可能性があると続けた。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 米国が経済回復を狙い追加の量的緩和策、いわゆるQE3を実施するような動きになれば円が更に買われる動きになりかねない。
 ただ、年末以降経済指標は米国の経済回復を示す数値が続いてきており、雇用統計の改善も見られる。
 次回の雇用統計で回復基調への道筋が明確になれば、急激にリスクマネーが拡大する動きになるだろう。

  
 

« 北朝鮮が3度目の核実験を行う公算と警告(韓国 シンクタンク) | トップページ | 米中会談 互恵関係を確認 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53716518

この記事へのトラックバック一覧です: 追加緩和 に対する立場を固めることは望んでいない。(米国):

« 北朝鮮が3度目の核実験を行う公算と警告(韓国 シンクタンク) | トップページ | 米中会談 互恵関係を確認 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ