« 円転滑脱 | トップページ | シリア北東近郊の要衝の町ドゥーマを反体制派が支配 アサド政権は存亡の機に直面  »

2012.01.22

資産価値の水増しが起きかねない!!

 欧州連合(EU)が公表した法案によると、当局者らが
   信用収縮の回避
のため銀行に保有を求めている流動性資産として
   資産担保証券(ABS)
が認められる可能性がある。

 EU議長国のデンマークがまとめた同文書は
   欧州銀行監督機構(EBA)
が高い流動性と信用の質のABSと見なす場合は当局から
   資本バッファー
と認められる公算があるとしている。
 新たな銀行資本・流動性規制
   バーゼル3
では、証券化商品を現在は流動性資産と認めておらず、銀行にとってその魅力は薄れている。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと
 欧州銀行監督機構(EBA)が高い流動性と信用の質のABSと見なす場合というが、基準自体が整備できるのか疑問がある。
 サブプライムローンが問題化した時に金融派生商品に仕込まれたことを考えてみればいい。
 CDS、モノラインなど金融関連市場で次から次に問題が派生していった時に損害額の査定すら出来なかった。

 EBAが査定すれば日本は担保として信用し、引き換えにIMFなど欧州の信用不安回避として資金を投入するつもりか?

 欧州の利益を優先するEBAに日本の意思が入る余地はないということを知る必要がある。
 IMFに資金を出し国内の経済を悪化させるリスク回避に米国は動いているのに、日本は増税して欧州を助ける資金を出すのか?

 

« 円転滑脱 | トップページ | シリア北東近郊の要衝の町ドゥーマを反体制派が支配 アサド政権は存亡の機に直面  »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53793244

この記事へのトラックバック一覧です: 資産価値の水増しが起きかねない!!:

« 円転滑脱 | トップページ | シリア北東近郊の要衝の町ドゥーマを反体制派が支配 アサド政権は存亡の機に直面  »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ