« 愚図の市場介入では損害が大きくなるだけだが、いつ介入するのか? | トップページ | ギリシャの債務減免の合意 危機感染リスクを非常に低い水準に 抑えることが »

2012.02.02

22年4月償還)の平均落札利回りは3.13%まで低下

 フランス政府は2日に国債入札を実施し、10年債
   56億9800万ユーロ(約5690億円)相当
を発行した。

  ・ フランス革命―歴史における劇薬
  ・ フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル

 10年債(表面利率3%、2022年4月償還)の平均落札利回りは3.13%だった。
 1月5日の入札で2021年10月償還債の同利回りは3.29%だった。

 この日の発行額は6年、8年、10年債を合わせて
    79億6200万ユーロ
で利回りは全ての年限で低下した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    


ひとこと

 高利回りの国債をロールオーバーし低金利のものに変えるために意図的に不景気にしているとすれば欧州政府や金融機関の謀略にも思えてくる。

 

  

   RENAULT(ルノー)  オレンジ RENAULT FDB186

    

« 愚図の市場介入では損害が大きくなるだけだが、いつ介入するのか? | トップページ | ギリシャの債務減免の合意 危機感染リスクを非常に低い水準に 抑えることが »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53886520

この記事へのトラックバック一覧です: 22年4月償還)の平均落札利回りは3.13%まで低下:

« 愚図の市場介入では損害が大きくなるだけだが、いつ介入するのか? | トップページ | ギリシャの債務減免の合意 危機感染リスクを非常に低い水準に 抑えることが »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ