« 欧州連合は融資を受ける前にすることがあるだろう。 | トップページ | よそ者である外資メーカーの自動車はいらない? 中国は外資の優遇策も廃止(一部) »

2012.02.28

火中の栗を拾う ような愚か者は誰一人いない(欧米G20)

 ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の
   ユンケル議長(ルクセンブク首相兼国庫相)
は3月1日午後2時(ブリュッセル時間)に
   ユーログループ
を招集し
   ギリシャが民間債権者と進める債務交換
や、ギリシャ当局者による
   先の取り決めの実施状況を評価
するために協議を行うと電子メールで発表した。    

 欧州連合(EU)首脳会議(サミット)直前での開催となる。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 欧州のタフな政治家であっても、IMFに出資させる目論見がG20で不発に終わった。
 IMFに出資する義理など、そもそも米国にとっては
   国内の経済回復
が最優先事項である。
 そうした動きを抑制するような
   無駄な出資 など
行うわけがない。

 

大統領予備選挙のさなかでもあり、選挙に不利な状況を自ら招くような行動など行うこともない。
 欧米の政治家の発言や行動パターンを見れば、自国の利益を優先する姿勢が当たり前のことだ。

 欧州の金融不安で大損するような行為など
   火中の栗を拾う
ような愚か者は誰一人いない。
 だが、時期も最悪で、震災復興に全力を上げる時期に日本はユーロ債券やユーロへの投資を行った。

 

« 欧州連合は融資を受ける前にすることがあるだろう。 | トップページ | よそ者である外資メーカーの自動車はいらない? 中国は外資の優遇策も廃止(一部) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54095397

この記事へのトラックバック一覧です: 火中の栗を拾う ような愚か者は誰一人いない(欧米G20):

« 欧州連合は融資を受ける前にすることがあるだろう。 | トップページ | よそ者である外資メーカーの自動車はいらない? 中国は外資の優遇策も廃止(一部) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ