« 投資家に損失を強要する措置はデフォルと同じ | トップページ | ブラジルで警察官のストが拡大 »

2012.02.11

負のスパイラルに陥る査定か?

 米国の格付け会社の
   スタンダード・アンド・プアーズ
                    (S&P
は10日、最大手銀行ウニクレディトなど
   イタリアの34金融機関
の格付けを一斉に引き下げたと発表した。

  ・ ロスチャイルドの密謀

 これは欧州の政府債務危機の影響で1月に
   ユーロ圏9カ国の国債
を一斉に格下げし、イタリア国債は
   2段階引き下げ
たため、同国内の金融機関の格付けも見直したという。

 なお、S&Pは1月にそれにともない
   欧州各国の国債を多く持つ金融機関
の格付けも見直す方針を示していた。

  ・ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ 影の支配者たちがアジアを狙う

 格付け見通しは、いずれも
   ネガティブ(弱含み)
とし、今後さらに格下げする可能性も示した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 一体誰が信用不安を止めるのかが問題だろう。
 経済回復への取り組みが財政の健全化だけで進むと言うのは奢りだろう。

     

 景気が良くならなければ商品等の付加価値が拡大する可能性が少なく
   税収が経済圧力
となって景気回復の動きを止めることなく増加する動きなど出てくるわけがない。
 デフレ不況下にあってはマネタリストでなければこうした経済の拡大は無理だろう。

 

« 投資家に損失を強要する措置はデフォルと同じ | トップページ | ブラジルで警察官のストが拡大 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53958630

この記事へのトラックバック一覧です: 負のスパイラルに陥る査定か?:

» 米格付け会社S&Pがイタリアの金融機関34行を格下げ、イタリアVS格付け会社の第2ラウンド [shimarnyのブログ]
1月にイタリアの検察当局がS&Pミラノ事務所を家宅捜索した報復とも言えよう。イタリア1国限定の一斉格付けに対して対応は如何に。 [11日 読売新聞]S&P、イタリアの金融機関34行を格下げ 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、... [続きを読む]

« 投資家に損失を強要する措置はデフォルと同じ | トップページ | ブラジルで警察官のストが拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ