« 政治の季節であり成果が評価に反映できるのか(中国) | トップページ | 22年4月償還)の平均落札利回りは3.13%まで低下 »

2012.02.02

愚図の市場介入では損害が大きくなるだけだが、いつ介入するのか?

 ギリシャ政府は債権者と
   債務交換
をめぐり交渉を続けているものの、欧州危機悪化への懸念は根強い。

 円は対米ドルで戦後最高値まで1%に迫り、日本当局による介入の観測がくすぶっている。
 円はドルに対し0.1%高の1ドル=76円11銭まで上昇した。

 1日は昨年10月31日に付けた円の戦後最高値75円35銭以来の円高となる76円03銭まで上げた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    


ひとこと

 76円割れを起こしたら、介入を強く短時間に実施し、価格差を最低でも5円値を振らせて81円台に30分程度で乗せさせることが出来れば提灯がつくだろう。タイミングよく実行すれば資金の回転が良くなり10円程度まで持っていけるだろう。

 財務相が介入前に軽口を叩いて介入の勢いを削ぐような行動が目立ってきたのが一番問題だ。
 市場が警戒している時に、一気にけりを付けるべきだ!!

   

« 政治の季節であり成果が評価に反映できるのか(中国) | トップページ | 22年4月償還)の平均落札利回りは3.13%まで低下 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53886473

この記事へのトラックバック一覧です: 愚図の市場介入では損害が大きくなるだけだが、いつ介入するのか?:

« 政治の季節であり成果が評価に反映できるのか(中国) | トップページ | 22年4月償還)の平均落札利回りは3.13%まで低下 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ