« ロシア 2011年の景気拡大ペースが予想を上回った | トップページ | 自己勘定取引の規制対象からソブリン債を除外? »

2012.02.01

割安価格で購入したギリシャ国債の利益で債務圧縮に協力?

 オランダの金融サービス最大手、INGグループのヤン・ホーメン最高経営責任者(CEO)は欧州中央銀行(ECB)が
   ギリシャ国債を割安価格で購入
しているため、この利益を使ってギリシャの債務圧縮に協力できるとの見方を示した。

 

同CEOは1月31日遅くにハーグで記者団に
   ECBが損失を負う
べきだとは言わないが
   割安な価格で購入
したのだから保有債から利益が出る可能性はあるとして
   ギリシャを支援
するのは「論理的」だと述べた。

 なお、ECBの貢献の規模には触れず
   状況を改善
できるだろうと述べた。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    


ひとこと

 安く購入した国債の利益を国が貰うのは当然だろう。日本がバブル崩壊時の金融機関の不良債券で儲けが出るような取り組みを行わなかったのが一番問題だ。
 こうした無能な取り組みを繰り返したのが現在の国債の発行が1000兆円に近づくようになった元凶だろう。

 国の資産を拡大させ借金を膨らませるような、不要なサービス行為は切り捨てるようにすべきだろう。
 無駄にサービス行政を拡大することが借金を膨らませ増税をしなければならなくなる構図を作っている。
 地方行政の何でもやる課などというふざけた行政の取り組みも、即時停止し職員を削減すべきだろう。

  

« ロシア 2011年の景気拡大ペースが予想を上回った | トップページ | 自己勘定取引の規制対象からソブリン債を除外? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53878716

この記事へのトラックバック一覧です: 割安価格で購入したギリシャ国債の利益で債務圧縮に協力?:

« ロシア 2011年の景気拡大ペースが予想を上回った | トップページ | 自己勘定取引の規制対象からソブリン債を除外? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ