« 影の米中央情報局(CIA) とも呼ばれる民間情報関連企業のメールを公開? | トップページ | ユーロ圏景況感指数(速報値)が改善 »

2012.02.28

ギリシャに対し追加支援を必要とする可能性 があるとの見解

 ドイツ紙メルキッシュ・アルゲマイネによると
   ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)
ユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、インタビューでギリシャが
   第2次救済パッケージ以上
にさらなる
   追加支援を必要とする可能性
があるとの見解を示したという。

 

ルクセンブルク政府のウェブサイトに掲載されたインタビューの記録によれば、ユンケル議長は
   国際的に不透明な状況
を考慮すると
   一段の取り組みが必要になる可能性
を排除できないと語ったという。

 ただ、ギリシャが無秩序な破産に向かっているとは思わないとも述べたという。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 景気回復の足取りが強まらない限り、ギリシャが緊縮財政を続けても財政収入が増加する可能性は皆無だろう。

  

« 影の米中央情報局(CIA) とも呼ばれる民間情報関連企業のメールを公開? | トップページ | ユーロ圏景況感指数(速報値)が改善 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54099423

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャに対し追加支援を必要とする可能性 があるとの見解:

» S&Pがギリシャ国債を「選択的デフォルト」に格下げ、EFSFの見通しを「ネガティブ」に [shimarnyのブログ]
ギリシャの格下げは予想通りという反応であるが、EFSF(欧州金融安定化基金)の融資能力強化を行わない限り不安は続く。 [28日 時事]ギリシャ、選択的デフォルトに=米S&Pが格下げ-債務交換後に上げ検討 米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P... [続きを読む]

« 影の米中央情報局(CIA) とも呼ばれる民間情報関連企業のメールを公開? | トップページ | ユーロ圏景況感指数(速報値)が改善 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ