« 割安価格で購入したギリシャ国債の利益で債務圧縮に協力? | トップページ | 中国経済が、欧州債務危機や国内での不動産市場の過熱抑制策の影響を乗り越えつつある »

2012.02.01

自己勘定取引の規制対象からソブリン債を除外?

 米国銀行監督当局は金融規制改革法(ドッド・フランク法)の
   自己勘定取引
の規制対象から
   ソブリン債を除外
できるかどうかをが検討しているという。

 借り入れコストを押し上げ
   資本の流れを妨げる恐れ
があるとの外国政府からの苦情申し立てを受けた措置と見られる。

 

2010年に成立したドッド・フランク法には、預金を扱う銀行の自己勘定取引を規制する
   ボルカールール
が盛り込まれており、5つの米国監督機関が現在、施行規則に関する意見公募を行っている。

 米国債が除外される一方、外国の国債が規制の対象となることについて、日本と英国、カナダの当局者は米国財務省 などに書簡を送り、資金調達能力が損なわれかねないと懸念を表明した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    


ひとこと

 ソブリン債券の価値を低下させており、資本の毀損が進んできている措置だろう。

   

« 割安価格で購入したギリシャ国債の利益で債務圧縮に協力? | トップページ | 中国経済が、欧州債務危機や国内での不動産市場の過熱抑制策の影響を乗り越えつつある »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53878755

この記事へのトラックバック一覧です: 自己勘定取引の規制対象からソブリン債を除外?:

« 割安価格で購入したギリシャ国債の利益で債務圧縮に協力? | トップページ | 中国経済が、欧州債務危機や国内での不動産市場の過熱抑制策の影響を乗り越えつつある »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ