« クェートの議会選挙は半数近くが落選 | トップページ | 意志薄弱 »

2012.02.04

2011年度末の残高 985兆3586億円

 日本政府が24日に国会に出した11年度第 4次補正予算案で
   国債や借入金 など
を合わせた国の借金の2011年度末の残高は
   985兆3586億円
になる見通しとなったことが明らかになった。

  ・ ジパング再来 大恐慌に一人勝ちする日本
  ・ 崩壊する世界 繁栄する日本

 これまでは1024兆円と見込んでいたが、12年度予算案では新たな国債を
   44兆2千億円分
を発行するほか、東日本大震災の復興費にあてる
   復興債 2兆7千億円分
を発行する。

      

 12年度末は1085兆円程度と、初めて1千兆円を超えるのは確実な状況にある。
 なお、11年度末に1千兆円に達しなかった主な要因としては
   為替介入に必要なお金を調達
するため、最大165兆円と見込んでいた
   政府短期証券の発行残高
が 129兆円に収まる見通しになったためという。

 過去に発行した
    国債を借り換える費用
も当初想定よりも少なく、普通国債全体の発行残高も4千億円減少する見込みとのこと。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 借金して財政支出したことにより
   国全体の資産
が増えておれば問題はない。

 特に為替の介入として
   米ドルなどの保有外貨の予備費
が129兆円という。
 ただ、既に(120から105円、85円、75円付近で)介入し、保有している外貨資金が
   名目で130兆円程度
と見積もれば計259兆円が名目で所有している外貨としての資産だろう。

  ・ NHK捏造事件と無制限戦争の時代
  ・ 日本人が知らないアメリカの本音

 例え、目減りをしているとしても、国の借金の多さに対しソブリン債券の格付けが更に引き下がることで
   円安に強くシフト
して円が1ドル200円にもなれば、平均購入価格を90円として為替差益約159兆円を合算させた
   約418兆円が国の借金から差し引くことが可能
となってしまう。
  (ギリシャ同様の問題にでもなればの話しだが日本経済は財政の構造内容が逆であり、問題化すれば日本にとっては追い風が吹くだけだ。)

 そうすれば、国の借金は568兆円を実質的は下回ってしまうこととなり増税も不要となってしまうだろう。
 そもそも何がこうした
   見かけ上の借金
を増やし、危機感を国民の意識に与え
   増税を画策
したうえで、日本の経済活動を低下させ、債券の格付け引き下げによる債券市場での
   プレミア負担を強いさせ
ようとしていると考えられる「何者か」が一番問題となるだろう。

      

 なぜ、マスコミはこうした計算をすることなく国民の借金のみを誇張するような偏向報道を繰り返すのか疑問に思う。

 こうした海外の力を助けるような政策を取ろうとするような政治家の存在は困りものだ。

  

  

« クェートの議会選挙は半数近くが落選 | トップページ | 意志薄弱 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53901882

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年度末の残高 985兆3586億円:

« クェートの議会選挙は半数近くが落選 | トップページ | 意志薄弱 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ