« ギリシャの債務再編 CDS売り手は額面の78.25% を買い手に支払うことになるかも | トップページ | 今年のインフレ率 がBOEの予想ほど速いペースで鈍化しない可能性 »

2012.03.21

フラン相場の上限設定はデフレリスクが後退 すれば廃止すべき(IMF)

 スイス政府は20日にウェブサイトに国際通貨基金(IMF)が
   スイスの通貨政策
について、スイス国立銀行(中央銀行)は
   デフレリスクが後退
すればフラン相場の上限を廃止すべきだとの見解を示したとの報告書を掲載した。

 

IMFはスイス経済についての評価報告で
   為替水準に対する措置
は奏功しているものの、景気回復が軌道に乗り
   デフレリスクが後退した時点
で、スイス中銀は変動相場制に戻す必要があるとの見解を示した。

 これを先送りすれば、逆に
   インフレを煽るリスク
が生じかねないと警告した。

 スイス中銀は今月15日の政策決定会合で、フランの対ユーロ相場の上限を
   1ユーロ=1.20フラン
で維持することを決めた。

 

欧州債務危機に伴うフラン急騰を受け、昨年9月にフラン相場の上限が設定された。

 スイス経済の景気安定化の兆候は見られるものの、SNBは必要に応じて上限を
   断固として守る決意
を表明した。

      ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 デフレを抑制するという名目だが、輸出抑制に働く
   フラン高を何とかする必要
があったためのSNBの措置である。
 SNBの断固たる意思の表明が
   半年で20円近くフランの価格を引き下げ
させた努力となって現れ
   中央銀行としての存在価値
が国民に期待される存在として認識された。

 日本と比較した場合には経済規模では格段の差があるように表面的には見えるが
   スイス国籍の国際的な多数の企業
の存在を知ればその力を思知ることも重要だ。

 日本銀行とスイスSNBの発言や為替介入を考えると世界との距離感が大きすぎる。

 評論家的な総裁では日本経済を拡大発展させる動きを導くことは不可能だ。
 日本の多くの経済学者と同様絵に描いた餅を評論するだけの存在では
   霞を日本国民や企業を食べて生きろ
というのに等しいものだ。

 スイス同様の取り組みとして
   円相場の上限を1ドル=100円に設定
しての介入が出来ないのが問題だ。

   

« ギリシャの債務再編 CDS売り手は額面の78.25% を買い手に支払うことになるかも | トップページ | 今年のインフレ率 がBOEの予想ほど速いペースで鈍化しない可能性 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54272073

この記事へのトラックバック一覧です: フラン相場の上限設定はデフレリスクが後退 すれば廃止すべき(IMF):

« ギリシャの債務再編 CDS売り手は額面の78.25% を買い手に支払うことになるかも | トップページ | 今年のインフレ率 がBOEの予想ほど速いペースで鈍化しない可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ