« 世界銀行 次期総裁候補 | トップページ | 地方自治体は中央政府による速やかな金融支援がない限りデフォルトに陥る (ポルトガル) »

2012.03.24

不良債権化のリスク を過小評価(中国)

 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は銀行に対し2月、地方政府の資金調達機関向けの融資
   約1兆8000億元(約23兆6100億円)
を最も安全な債権としていた分類が誤っていたと伝えた。

 ・ ご臨終メディア ―質問しないマスコミと一人で考えない日本人

 銀行は計算を間違え、融資が
   プロジェクトからのキャッシュフロー(現金収入)
によって完全にカバーされていると判断しリスクを過小に評価していたという。

 ・ 大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実

 これらの融資について分類を変更することで、銀行は貸倒引当金の積み増しや、地方政府に
   追加担保の差し出し
を求める必要が生じる公算があるという。
 なお、中国経済の成長減速に伴い
   地方政府の収入
の伸びも鈍化しておりプロジェクトからのキャッシュフローが滞る可能性もリスクとしてあるようだ。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 融資先の支払い能力の面から考えれば、根拠に乏しい信用鈍水増しでしかないのだろう。
 もともと、中国の地方政府の収入が安定しているためには経済が発展することが前提となっている。
 景気後退の波に洗われると蓄積している外資等は国外に流れ出してしまう程度の余力しかない。

     

 

« 世界銀行 次期総裁候補 | トップページ | 地方自治体は中央政府による速やかな金融支援がない限りデフォルトに陥る (ポルトガル) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54293662

この記事へのトラックバック一覧です: 不良債権化のリスク を過小評価(中国):

« 世界銀行 次期総裁候補 | トップページ | 地方自治体は中央政府による速やかな金融支援がない限りデフォルトに陥る (ポルトガル) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ