« 工業セクターの1-2月の企業利益が2009年以来初めて減少(中国) | トップページ | 金融取引税(IOF) を課すことを検討しているとの報道を否定(ブラジル) »

2012.03.28

追加の政策緩和 を実施する必要 ローゼングレン総裁(ボストン連銀)

 ローゼングレン総裁(ボストン連銀)は、27日ロンドンで講演し
   実質国内総生産(GDP)
の成長ペースが加速せず
   失業率
が現在のような容認し難いほどの高水準にとどまった場合、金融当局は
   追加の政策緩和
を実施する必要があるとの認識を示した。

 米国の失業率8.3%の水準にあり、インフレ率は目標を下回る可能性が高い。

 このため、金融政策としては柔軟に対応する余地が生まれていると述べた。

 最近の経済指標は
   金融市場の状況改善
および、痛々しいほどゆっくりではあるが
   雇用市場の改善継続
を示している と説明した。

 一方で、消費関連のデータは非常に弱く
   2%前後の経済成長ペース
ではこのところの
   改善は持続できない可能性
が高いことを示唆していると も述べた。

 さらに、市場と雇用が示す力強さが持続可能なものかを判断するには
   数四半期かかる公算
だと続けた。

    

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 雇用統計の改善はゆっくりであるため、賃金の上昇が始まっていない。

 

米国経済を覆っている閉塞感も賃金が増えず、住宅市場の改善が進まないからだ。
 基幹産業である住宅産業の拡大を行うための政策が必要だろう。

 

ローンを抱えた労働者の賃金が増えなければ住宅市場に資金ショートした結果差し押さえられ手放された
   中古住宅が溢れること
で価格の下落が強まり負のスパイラルを描くだけだ。

« 工業セクターの1-2月の企業利益が2009年以来初めて減少(中国) | トップページ | 金融取引税(IOF) を課すことを検討しているとの報道を否定(ブラジル) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54327901

この記事へのトラックバック一覧です: 追加の政策緩和 を実施する必要 ローゼングレン総裁(ボストン連銀):

« 工業セクターの1-2月の企業利益が2009年以来初めて減少(中国) | トップページ | 金融取引税(IOF) を課すことを検討しているとの報道を否定(ブラジル) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ