« 北朝鮮が2010年 極秘に2度の濃縮ウランの核爆発実験を行った | トップページ | ギリシャ債交換には、対象となる国債の58%を保有する民間投資家が応じる意向 »

2012.03.08

シリアから自国民を退避(中国)

 中国の陳徳銘商務相は北京で7日、記者団に対し
   アサド大統領を支持する兵士
らが首都ダマスカス近郊で
   反体制派に攻撃
を加えているとして
   中国人労働者
らの安全確保を理由に、自国労働者のほとんどをシリアから退避させた。

 シリア状況が安定すれば戻ることができると説明した。
 なお、帰国させた労働者の人数は明らかにしなかった。

 

国連のヴァレリー・エイモス緊急援助調整官は
   シリア国内の暴力停止
を目指す国際的取り組みの一環として、7日から2日間の予定でダマスカスを訪問した。

 

国連の試算によればこれまでに
   7500人以上が犠牲
となっている。

 

国連で拒否権を発動したロシアと中国に対し、米国は
   アサド大統領への支持
を取り下げるよう説得を試みてきた。
 アサド大統領はこれまで1年にわたり反体制派の弾圧を続けている。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓  

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 中国、ロシアとも安全保障理事会の常任理事国であるが、国内の民族問題を抱えており単純に制裁や軍事行動に賛成することは政治的にも出来ないだろう。
 兵器や火薬類の支援等との経済的な結び対や地政学的な力学的問題もある。
 サウジなど専制国家での民主主義を弾圧しているのを黙認している米国の軍産体制における利権と比較すれば火薬庫に火をつけるかもしれない。

 
 
 

« 北朝鮮が2010年 極秘に2度の濃縮ウランの核爆発実験を行った | トップページ | ギリシャ債交換には、対象となる国債の58%を保有する民間投資家が応じる意向 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54167851

この記事へのトラックバック一覧です: シリアから自国民を退避(中国):

« 北朝鮮が2010年 極秘に2度の濃縮ウランの核爆発実験を行った | トップページ | ギリシャ債交換には、対象となる国債の58%を保有する民間投資家が応じる意向 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ