« 日本は国際政治ではいつまで蚊帳の外を続けるのか | トップページ | 豪ドル高是正の為の為替介入へのハードルは極めて高い »

2012.03.07

ユーロ導入国が価値を保障するのが筋だ

 ドイツのメルケル首相率いる
   与党キリスト教民主同盟(CDU)
の当局者が首相との会合出席後匿名を条件には6日、
   ギリシャの債務交換は順調
に進むとの見方を議員らに示したことをメディアに明らかにした。

 同語ったところでは、メルケル首相は債務交換の参加率が目標に達しない場合は
   新たな問題
が引き起こされるであろうと指摘した。

 

ギリシャの債務減免は
   例外的な事例
に留まると議員らに強調したという。

 

さらに、欧州安定化メカニズム(ESM)の規模拡大を求める動きに抵抗していると発言した。
 その一方で、5000億ユーロ(約53兆円)の
   基金上限の引き上げ
を求める国際的な圧力は強まっており、議論が続いていると説明した。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓  

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 ユーロ通貨の価値の保証はユーロ導入国が行うべきものであり、他国が支援するような場合にはそれ相応の条件が付加されてしかるべきだ。
 国内の戦災復興や消費需要の喚起などの経済対策を放置したまま、日本政府等が欧州の信用不安に伴いユーロを8兆円程度まで買い支えている根拠や戦略があるのか?

   

« 日本は国際政治ではいつまで蚊帳の外を続けるのか | トップページ | 豪ドル高是正の為の為替介入へのハードルは極めて高い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54160445

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ導入国が価値を保障するのが筋だ:

« 日本は国際政治ではいつまで蚊帳の外を続けるのか | トップページ | 豪ドル高是正の為の為替介入へのハードルは極めて高い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ