« 大陸間弾道ミサイル(ICBM) の噴射装置の燃焼テスト | トップページ | 懸河之弁 »

2012.04.15

為替報告書の発表を延期

 米国の財務省は13日、
   為替報告書
の発表を4月20、21両日の
   国際通貨基金(IMF)・世銀の会合
など今後の幾つかの国際会議後に
   進展状況を判断
できるよう延期したとの声明を発表した。

 

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 中国を為替管理国として指定するかどうかの判断を行うのかどうかだが、米国債券等を購入している点を考えれば指定した場合の反動は大きい。
 また、北朝鮮の問題や中国国内の政治闘争を見極める必要があるのだろう。

  

« 大陸間弾道ミサイル(ICBM) の噴射装置の燃焼テスト | トップページ | 懸河之弁 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54475108

この記事へのトラックバック一覧です: 為替報告書の発表を延期:

» 先週からの株安円高はそのまま。今日明日流れが変わらなければ‥‥。 [FXなう。]
先週末は、欧米共に株式市場は続落となり、景気減速懸念が根強いことを示しています。明けて、アジア市場はシンガポール以外は、続落反落となり、欧米の流れを引き継いでいます。日経平均も前場早々に、9500円を割り込み、9400円台半ばでの引けとなりました。為替では、米ドルが80円台後半に推移し、ユーロも105円前半をつけるなど、演題がじんわりと進攻。クロスもほぼ円高に動いており、オージーは83円台に達しました。今日明日に米国の経済指標があるので、ここで明るい数字が出れば、比較的堅調な...... [続きを読む]

« 大陸間弾道ミサイル(ICBM) の噴射装置の燃焼テスト | トップページ | 懸河之弁 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ