« 汚染カプセル7700万個超を押収(中国) | トップページ | 中国の成長率  今年4-6月(第2四半期)に底打ち »

2012.04.28

大陸棚の拡大 が、日本として初めて国連に認められたが...

 外務省は27日
   排他的経済水域(EEZ、沿岸から200カイリ)
外でも海底資源の開発権を主張できる
   大陸棚の拡大
が、日本として初めて国連に認められたと発表した。

 太平洋4海域の計約31万平方キロメートルで、国土面積の約82%に相当する部分にあたる。

 欲深い中国が
   岩にすぎない
と指摘していた最南端の沖ノ鳥島(東京都)も認定の基点とされ、国連から
   「島」とのお墨付き
を得た形だ。

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 これでEEZ内を含めた日本の大陸棚総面積(領海を除く)は約436万平方キロメートルと米国の領土(9,626,630km²)の半分の面積規模となる。

 これだけの領土を防衛するのに空母艦隊が存在していない状況で守りきれるのか疑問だ。

 米軍は1隻の航空母艦とその艦載機、複数の護衛艦(CG, DDG, DD, FFG, SSN)、補給艦によって構成される空母打撃群(CSG)がニミッツ級で9艦隊、さらに、ジェラルド・R・フォード級で建造中の最新鋭艦が2艦あり11の大型空母を保有することとなる。

 日本の自衛を考えれば、領海と経済の生命線であるシーレーンの安全を確保するには空母打撃群(CSG)が6艦隊とシーレン確保等に3艦隊が最低でも必要だろう。

 日本政府は領海内にあるレアメタル(希少金属)採掘などを強化するため、国内法に基づいて新たな大陸棚を設定するための手続きを急ぐことになる。
 なお、海洋研究開発機構は、3月沖縄本島沖約1000メートルの海底で、熱水の鉱床から鉱物を採り出すことに成功したことを明らかにした。

 人工的に海底に穴を開け、熱水を噴出させレアメタルや金などの鉱物を含んだ煙突状の塊が穴の近くに形成させることに成功したもので海洋土木の技術力の成果でもある。

 

  

 

 

« 汚染カプセル7700万個超を押収(中国) | トップページ | 中国の成長率  今年4-6月(第2四半期)に底打ち »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54581143

この記事へのトラックバック一覧です: 大陸棚の拡大 が、日本として初めて国連に認められたが...:

« 汚染カプセル7700万個超を押収(中国) | トップページ | 中国の成長率  今年4-6月(第2四半期)に底打ち »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ