« 環境を犠牲にして経済成長を目指すことは決してない? | トップページ | インドの自国通貨建て信用格付け見通しを引き下げ »

2012.04.25

韓国はBSEの発生で米国産牛肉の通関を停止

 韓国はカリフォルニア州(米国)で6年ぶりに
   牛海綿状脳症(BSE)
に感染した乳牛が確認されたことを受け
   米国産牛肉の通関を停止
することを農林水産食品省の当局者がメディアの取材で明らかにした。

 

同省のパク・サンホ氏によれば、韓国政府は検査についての詳細を発表すると述べた。
 同省は電子メールでの声明で、米国産牛肉の輸入について「必要な措置」を「近く」講じると表明していた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 政治主導の日本の政治家は米国を気にしてか措置等の発表は今のところは行う予定はないという。
 欧州も米国からの資金の提供を気にしてか何も措置をとらない。
 英国で発生した時とはかなり異なった対応だ。

 

 鹿野農水相は25日朝、アメリカから在京の大使館を通じて、BSE発生の連絡があったと述べ、しっかり情報をとって事実確認するよう
   事務方に指示
したことを明らかにした。
 
 事実関係をしっかりとらえるということを、まず一番最初にやらなければならないと述べた。
 農水省では、事実関係を確認しているが、牛肉の輸入など、国内への影響はないとしている。
 また、問題の牛は、日本では輸入が認められていない
   月例30カ月以上
の乳用牛だという。

 

 農林水産省は25日、2010年の口蹄疫発生以来、停止していた
   カナダ向けの牛肉輸出を再開
すると発表した。
 なお、日加両政府間の協議の結果、カナダ側から日本産牛肉の輸入を認めるとの連絡を受けたという。

 

 欧州連合(EU)の
   フレデリック・ビンセント報道官
は電子メールで25日、米国で6年ぶりに牛海綿状脳症(BSE、狂牛病)が確認されたことについ
   これに対する措置を講じない方針
を明らかにした声明を配布した

  

« 環境を犠牲にして経済成長を目指すことは決してない? | トップページ | インドの自国通貨建て信用格付け見通しを引き下げ »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54557927

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国はBSEの発生で米国産牛肉の通関を停止:

« 環境を犠牲にして経済成長を目指すことは決してない? | トップページ | インドの自国通貨建て信用格付け見通しを引き下げ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ