« 苦心惨憺 | トップページ | 中国人民元来週16日より許容変動幅を上下1%と倍増 »

2012.04.15

人民元の上昇をめぐる物語は終焉

 英国金融大手
   HSBCホールディングス
の中国担当チーフエコノミスト
   屈 宏斌 氏(写真
は14日、中国人民銀行(中央銀行)による
   人民元が変動幅を拡大
する動きは人民元の上昇をめぐる物語は終わったというメッセージだ。

 これから肝心なのは上下双方向のボラティリティ(変動性)拡大となるだろうとコメントした。

 

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 円高に伴い安価な労働力のみを求めて中国に進出した日系企業の脇の甘さがこれから思い知ることになるだろう。
 進出した企業は大部分が合併と言うスタイルになっているが
   労働賃金の上昇
   社会保険料等
   法人税等の免除
などの優遇措置の適用がなくなるか、あるいは
   地方政府の一部等の不正行為
で免除されていることが多いため、過去に遡って徴収される事例が多くなっている。

 ・ 2012年 大恐慌に沈む世界 甦る日本

 利益よりも出費負担が大きくなるため
   撤退する場合の条件の取り決め
がないと莫大な負担(手切れ金)を強いられる可能性が高いだろう。
 機械設備や建屋などもタダ同然で取り上げられた挙句、損害賠償等を請求されかねない。

 ・ 日本と世界はこう激変する 大恐慌終息へ!?

 とかく円高で海外に本社等を移転すると言った
   恫喝的な要求
をするような経営者の末路を考えればいちいち聞いて対応する必要などない。
 このような手合いの企業の製品など買うことも日本国民に対しつばをかける所業であり、ボイコットすることが適当だろう。

 

     

 TVなどで行列の出来る店の多くが、宣伝を狙ったもので味は美味くもなく近所では評判も悪い店を取材する日だけバイト等を雇って行列を作らせていることは周知のことだ。
 マスコミのヤラセやデッチアゲ行為は枚挙に暇がない。

 ・ 「日本ダメ論」のウソ!

 こうした素行の悪いマスコミの国民の意見など信頼性に足るようなものはひとつもない。

 マスコミの討論番組で発言するような政治家は所詮、視聴率稼ぎの道具でしかなくシナリオどおりの発言をするだけで、本心を言う場合には言葉をさえぎられ方向修正されるのが落ちだ。
 TV等に受け入れられる政治家は胡散臭い者が多く忌避すべき輩ばかりだろう。

 ・ 日本は破産しない!~騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!

 北朝鮮のミサイル報道だけではなく、全ての報道の質が悪く情報の価値の取り扱い方が異常だ。(時系列で確認

   
 
    

« 苦心惨憺 | トップページ | 中国人民元来週16日より許容変動幅を上下1%と倍増 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54473855

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元の上昇をめぐる物語は終焉:

« 苦心惨憺 | トップページ | 中国人民元来週16日より許容変動幅を上下1%と倍増 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ