« 250億ユーロ相当 受け取る見通し(ギリシャ) | トップページ | スペインとフランスの国際入札は波乱含み? »

2012.04.19

IMFへの出資は600億ドルといった米ドル紙幣ではなく、円紙幣を刷って貸せばいい

 米国のガイトナー財務長官は18日、ブルッキングス研究所で
   米連邦準備理事会(FRB)
は、欧州における米ドル資金の流動性を維持するため
   通貨スワップ
を実施していると指摘した。

 

 スワップ協定を通じた欧州中央銀行 (ECB)と欧州の銀行に対するドル供給は
   銀行システムのひっ迫
を緩和し、欧州の危機波及を食い止めるうえで極めて重要な役割を果たしているとの認識を 示した。

 欧州の銀行が
   対外資産を早急かつ大幅に縮小
する必要性は、スワップ協定によって低下したと述べた。

 

 銀行が急速に資産を圧縮すれば
   世界経済への下方圧力
は 大幅に強まると指摘した。

 その上でガイトナー長官は、このような形で欧州を直接支援しているのは米国だけだと述べ
   他の国は直接支援には消極的
だとした。

 米国は欧州に対する支援をIMFを通じてしか行っていない。
 さらに、米国はIMFを大いに支援していると述べ
   米国は「中心的な」役割
を果たしているとし、米国が
   欧州支援に消極的
との見方は誤りであるとの見解を示した。 

 また、IMFは必要になった場合、非常に短期間で他の国から追加的な財源を確保する能力を持っていることを世界に示すことができると指摘した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 米ドルを刷って供給する手法で勝ちの裏づけがそもそもあるのか疑問もある。日本も価値以上に海外投資家からみなされている円紙幣を大量に印刷して米ドルではなく円紙幣を提供すれば円安を強く導くことは可能だろう。

 タダでは起きぬ米国もタフである。

 何も日本が為替介入して手に入れた米ドルを使わなくとも、為替介入に等しい効果を上げる円紙幣をIMFに貸し付ければいい。

 

« 250億ユーロ相当 受け取る見通し(ギリシャ) | トップページ | スペインとフランスの国際入札は波乱含み? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54507473

この記事へのトラックバック一覧です: IMFへの出資は600億ドルといった米ドル紙幣ではなく、円紙幣を刷って貸せばいい:

« 250億ユーロ相当 受け取る見通し(ギリシャ) | トップページ | スペインとフランスの国際入札は波乱含み? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ