« アイルランド首相 デフォルト( に陥ることはないと言明 | トップページ | 豪華絢爛 »

2012.04.02

イラン制裁発動に道を開く石油供給量の確保が出来た(米国)

 ホワイトハウスが発表したメモによると
   オバマ大統領
はイランの核開発をめぐる制裁強化の一環として
   イラン産原油を輸入している国
の銀行に対する
   制裁発動
に道を開く見解を示した。

 

大統領は世界の石油供給は十分で、イランの
   石油輸出による収入
を断つことを狙った制裁措置を実施することはできるとの認識を示した。

 メモの中でイラン以外の国々からの
   石油および石油製品の供給
は十分あり、イランから直接、あるいは海外の金融機関を通して購入する石油、石油製品の量を大幅に削減することは許容されると述べた。

 

大統領が昨年12月31日に署名した法律は
   イラン中央銀行経由
で石油売買代金の決済を行ういかなる国の銀行も、イラン産石油の輸入を大幅に削減しない限り
   米国の金融システムから排除
することを求めている。
 ただし、6月28日までに輸入削減措置を講じれば制裁対象とはならない

  

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
 
ひとこと

 米国産のシェールガスや油田からの産出が大幅に増加しており、消費国でのシェア拡大を狙う意図が別の視点から見れば出てきてしまう。

 制裁措置に協力した見返りで安価な原油や天然ガス等を供給してこそ、米国主導としての意味があるが、高値で供給量を確保させるのであれば単なる振り替えでしかない。

  

« アイルランド首相 デフォルト( に陥ることはないと言明 | トップページ | 豪華絢爛 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54371397

この記事へのトラックバック一覧です: イラン制裁発動に道を開く石油供給量の確保が出来た(米国):

« アイルランド首相 デフォルト( に陥ることはないと言明 | トップページ | 豪華絢爛 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ