« あらゆる選択肢検討(ロックリア太平洋軍司令官 米軍) | トップページ | 危機との闘いで欧州が孤立してはいない? »

2012.04.17

IMFへの拠出金の増額は日本だけが先行!!どこを見ての行動だ?

 韓国企画財政省の申霽潤(Shin Je-yoon)次官は17日、国際通貨基金(IMF)が
   財源強化
のため加盟国に要請している資金拠出について、19─20日にワシントンで開催の
   20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
の場で合意するのは困難との見通しを示した。

 また、韓国は拠出額を検討中だと説明し、具体的な金額に言及することを避けた。
 韓国は先に、G20の間に幅広いコンセンサスが形成されれば、同国としてもIMF財源強化に協力する意向を示していた。

 同次官は記者団に対し、
   米国やカナダといった主要国
がまだこの件に関する姿勢を明らかにしていないため、私は今回の合意成立は難しいと思うと述べた。

 複数のG20当局筋は先週ロイターに対し、加盟国はIMFが当初必要としていた
   6000億ドルの財源強化
ではなく、4000億─5000億ドルの増強で合意する公算が大きいと語っていた。

 

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 安住淳財務相は17日、日本はIMFに対して
   600億ドルを拠出する
と表明したが、IMFに義理立てする根拠が不明だ。

 
 同財務相は昨年11月のG20直後にもユーロを突然購入している。
 欧州やIMFを敵とはいわないが、利敵行為に他ならず国益を毀損する売国奴の所業にも見える。

 日本のマスコミも同様この時の判断の根拠について日本にとってメリットがある根拠に関して取材すらしていない。偏向報道は欧米の代理人というよりもパシリのごとき二なり下がってしまっている感じだ。

      

« あらゆる選択肢検討(ロックリア太平洋軍司令官 米軍) | トップページ | 危機との闘いで欧州が孤立してはいない? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54496139

この記事へのトラックバック一覧です: IMFへの拠出金の増額は日本だけが先行!!どこを見ての行動だ?:

« あらゆる選択肢検討(ロックリア太平洋軍司令官 米軍) | トップページ | 危機との闘いで欧州が孤立してはいない? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ