« 日メコン協力のための東京戦略2012 | トップページ | 財政赤字削減 の取り組みを強化する必要(インド) »

2012.04.22

いつもの恫喝も、いつまで持つのか?

 北朝鮮の朝鮮中央通信英語)によると
   朝鮮人民軍最高司令部
の報道官は18日、韓国のメディアや団体が
   金正恩第1書記
を侮辱したとして、ソウルを吹き飛ばすための
   特別行動措置
が取られるとの声明を発表した。

      

 

 韓国紙などが、15日の
   金日成主席生誕100年記念
の軍事パレードを閲兵した正恩氏を中傷したとして
   挑発者に無慈悲な洗礼
を与えるとした上で、閲兵式で示された
   強力な攻撃手
が、そのまま我々の攻撃戦につながると、武力挑発を示唆した内容だ。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ    


ひとこと

 常套句となった感じの表現の繰り返しでしかない。

 軍事パレードの装備は進化したかもしれないが、喪服期間に
   2万人の飢餓
が出たことから食料はエネルギー等の配給を止め切捨てたのだろう。

 ・ 中国はいかにチベットを侵略したか

 過去、軍人等のクーデターの動きが阻止され
   地方の部隊が反乱等
を起こさないように
   戦車や軍用車両等
を動かすガソリンやディーゼル燃料、弾薬類等の配布は限定的とも考えられ、エリート部隊として優遇された特殊部隊等でも中国経由の物資が止まり待遇の悪化が起これば暴発する可能性は高い。

 ・ 田母神国軍  たったこれだけで日本は普通の国になる
 ・ こんなに強い自衛隊

 野砲等の部隊は移動距離が少なく制御しやすいため、直属部隊だが、ソウルを砲撃した後は
   気化爆弾等
を投下すれば1日程度で殲滅することは可能だ。

 ・ アメリカが畏怖した日本: 真実の日米関係史

 特殊部隊を含めた軍事組織に大規模な攻勢をかけるべく
   燃料や弾薬、食糧を配給
すれば軍事部門の戦闘能力が一気に向上するが、砲口が韓国や日本に向くとは限らない
 中国系の軍人による政権奪取が可能となり
   内戦に突入する可能性
のほうがより高くなるだろう。

 ・ 戦争映画でわかるメカとウエポン (50本の映画で知る兵器の現在・過去・未来)

 ただ、中国やロシア、韓国としては内戦状態になった場合に
   2400万人の飢えた難民
の一部が国境を越えて流れ込むことで治安悪化や衛生面の問題が大きくなる。
 日本を含めた周辺国では国力の拡大に貢献すらしない費用出費が拡大することを一番懸念しているだけのことだ。

      

 

 軍事行動が行われるかどうかも、費用面から判断するのが合理的というものだ。

 なお、軍事的な打撃で
   北朝鮮軍を殲滅
することなど容易い事は軍事専門家であれば誰でもわかることだ。

 ・ メディアによる 悲観論に踊らされるな! ニッポン経済集中講義

 そもそも、工業力の比較からすれば韓国軍でも十分持ちこたえて数週間に無力化することは簡単だ。
 ただ、戦後の処理費用の拡大を周辺国が一番問題視して頭を悩ましているだけだ。

 ノー天気な日本のメディアの報道する北朝鮮の軍事力の脅威より、北朝鮮の崩壊後に日本海を渡ってくる数百万人の難民の措置を懸念すべきだ。

 ・ 戦後新興紙とGHQ―新聞用紙をめぐる攻防

 ABC兵器による被害が数十万人程度で国民人口の5%を超えなければ過酷ではあるが過去の事例から見れば国力に影響などない。
 溺死した場合に海岸に流れ着けば衛生面からの措置が伝染病予防の上からも必要だが、地方自治体や警察の手に余る数になり費用が財政を圧迫しかねないことだ。

  GHQ情報課長ドン・ブラウンとその時代―昭和の日本とアメリカ

    

« 日メコン協力のための東京戦略2012 | トップページ | 財政赤字削減 の取り組みを強化する必要(インド) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54530415

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの恫喝も、いつまで持つのか?:

« 日メコン協力のための東京戦略2012 | トップページ | 財政赤字削減 の取り組みを強化する必要(インド) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ