« トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) | トップページ | JPモルガン・チェース ヘッジ戦略の失敗により少なくとも20億ドルの損失 »

2012.05.12

ギリシャは再選挙

 欧州連合との救済合意に反対する
   ギリシャ急進左派連合(SYRIZA)
のツィプラス党首は11日アテネで
   欧州連合からの救済の提案
を断ったのはSYRIZAではなく
   ギリシャ国民だということを強調したい
と述べ、挙国一致内閣への参加要請を断った。
 国民はすでに救済策を拒否しており、いかなる政府にもそれを実行する権利はないと続けた。
 なお、発言の様子は国営NETテレビで中継された。

 ・ 池波正太郎の美食を歩く

 これによりギリシャでは
   ユーロ離脱懸念
が強まる中で再選挙が実施される可能性が高まってきた。

 ・ 散歩のとき何か食べたくなって

 ツィプラス党首が挙国一致内閣への参加を拒否したことで、再選挙回避への望みは薄れた。

    

 ギリシャの世論調査によれば、再選挙となった場合は
   SYRIZAが第1党
に躍り出る可能性がある。

 ・ 秘密基地の作り方

 パプリアス大統領から10日に3回目かつ最後となる組閣要請を受けた
   全ギリシャ社会主義運動(PASOK)
のベニゼロス党首は11日、ツィプラス党首と会談し挙国一致内閣への協力を求めた。
 ツィプラス党首はこれを断ったという。
 これにより、ベニゼロス党首は12日に組閣の責務を大統領に返上する。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 ギリシャの債務問題の行方がやはり混沌としてきた。
 日本がIMFに出資した思惑が完全に外れており、政府の先を予想できる目が全くないことが再び明らかになった。
 為替介入や昨年11月のG20直後のユーロ買いなど、はずれにはずれ介入のタイミングもダメダメであり、欧米の掌の上でバカ踊りをいつまで繰り返しているのだろうか。

 ・ 元気になる!きれいになる!からだの本

 メディアに出演する経済学者や経済評論家等もシナリオどおりの無責任発言ばかりで話にならない。

 

« トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) | トップページ | JPモルガン・チェース ヘッジ戦略の失敗により少なくとも20億ドルの損失 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54689294

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャは再選挙:

« トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) | トップページ | JPモルガン・チェース ヘッジ戦略の失敗により少なくとも20億ドルの損失 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ