« 金環日食 名古屋では21日午前7時31分頃 | トップページ | 大連万達集団 米国2位の映画館チェーンを買収 »

2012.05.21

ドイツメルケル首相の政策を支持する国が減少し内憂外患状態

 キャンプデビッドで開催されたサミットで主要8カ国(G8)首脳はギリシャのユーロ圏への残留を求めるとともに、欧州各国の成長押し上げを支持した。

 ドイツ政府は内憂外患で国民の支持も得られておらず一段と孤立を強めながらも、欧州は支出によって債務危機を脱出できないとの立場を表明した。

 メルケル首相は2008年の金融危機当時の財政支出に言及しこうした刺激策を現在繰り返すことはできないとすべての人が合意していると指摘した。

 また、財政赤字削減と成長押し上げが
   表裏一体
であり、互いに競う合うべきではないと主張した。

 

 オバマ大統領はキャンプデービッドで記者団に対し欧州は
   危機対応で重要な措置
を取った。
 そして財政・構造改革の中で
   成長と雇用創出を推進
するために
   さらに行動が必要
だとの点で合意が強まりつつあると強調した。

 欧州におけるソブリン債券等の下落など信用不安の拡大における危機対応をめぐる欧州と米国、さらに欧州諸国内の意見の相違のため、G8首脳会議(サミット)はキャンプデービッド宣言(首脳宣言)で
   各国にとって正しい措置が同一でない
との認識で一致したことを明らかにした。

 首脳宣言では世界の安定と回復のために強く結束したユーロ圏の重要性で合意し
   ギリシャが公約を守り
ながら
   ユーロ圏にとどまることへの関心
を確認すると強調した。

 

メルケル独首相は
   長期化する債務危機
が金融市場を揺るがす中で
   財政緊縮策を第一
とする姿勢を変更するよう求める
   圧力増大に直面
し、サミットで厳しい対応を迫られた。

 フランスの大統領選で勝利しサミット初参加となったオランド新大統領は
   独主導の均衡予算と債務削減
に対抗する上でオバマ大統領の支持を得たようだ。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 ドイツ主導でIMF等の資金を投入させ、各国には財政支出を抑制させることで欧州経済の信用不安を脱出させる目論見は暗礁に乗りつつあるようだ。

 ケインズ的な思考で国民の所得を増やし付加価値を高めながら景気回復を行うスタンスでないと経済は麻痺するだけだ。

 薄利多売的になった経済構造においては消費の縮小は経済機能を麻痺させることになる。
 糊代ともいうべき利益の暑さが薄くしてしまっており、大量に販売しなければ利益が出ない状況で財政支出を抑制するような方向に政策の舵をとるのは大馬鹿者の政治家が行うことだ。

 
 
 

 

  

« 金環日食 名古屋では21日午前7時31分頃 | トップページ | 大連万達集団 米国2位の映画館チェーンを買収 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54761298

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツメルケル首相の政策を支持する国が減少し内憂外患状態:

« 金環日食 名古屋では21日午前7時31分頃 | トップページ | 大連万達集団 米国2位の映画館チェーンを買収 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ