« ギリシャのユーロ圏残留を78%が支持 | トップページ | 2022―これから10年、活躍できる人の条件 »

2012.05.14

挙国一致内閣を提案している3党で連立内閣への手続きを進めることが可能

 リシャ総選挙で第2党となった急進左派連合の
   ツィプラス党首
は13日、国営テレビとの生中継でのインタビューで
   挙国一致内閣
に参画するつもりはなく、総選挙の選挙戦期間中に急
   進左派連合が掲げた公約
を順守する方針を表明した。

 同党首によると急進左派連合の参画や支援がなくても、挙国一致内閣を提案している3党で連立内閣への手続きを進めることが可能だとの認識を示した。
 その上で、急進左派連合は
   国民を裏切ること
はできないと続けた。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 欧州の信用不安の高まりについては、急進左派連合がEUからの支援条件を破棄するというスタンスを固持するため、局一意内閣に参加することで逆に不安定化する政局を回避する流れになるだろう。

 急進左派連合の不参加により、3党による政権樹立から経済回復のプログラム政策が好転して進みギリシャの経済回復が進めばギリシャにとってはいいことだ。

 

逆に緊縮財政を次期政権が強めることでギリシャの消費経済が縮小し税収が大きく減少する流れが続けば、国民の不満が高まる。

 この時に政権側が退陣して選挙を行えば、今回6月に再選を行うという選択よりも更に強固な政権を作るだけの議席数が急進左派連合が確保できるといった思惑もあるのであろう。

 今週は、欧州金融マーケットを不安定化させたギリシャの政局の流動化とJPモルガンチェイスのヘッジ戦略の失敗により
   少なくとも20億ドルの損失
を出した問題が米ドル安を強めてくるかどうかだ。(関連記事

 

« ギリシャのユーロ圏残留を78%が支持 | トップページ | 2022―これから10年、活躍できる人の条件 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54706327

この記事へのトラックバック一覧です: 挙国一致内閣を提案している3党で連立内閣への手続きを進めることが可能:

« ギリシャのユーロ圏残留を78%が支持 | トップページ | 2022―これから10年、活躍できる人の条件 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ