« 地方在住者向け自動車買い替え補助制度を近く再開(中国) | トップページ | カタールの大型ショッピングセンターで大火災 »

2012.05.29

事故直後、東電からの「電源車を現地に送る」要請を菅首相は無視?

 菅直人前首相は28日
   東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
で、事故当時にチェルノブイリ原発事故より
   放射能の放出
が大きくなる可能性がある事故と認識し
   見えない敵との戦いであり、命を賭ける戦いだと思った
と述べた。

 東電が撤退を申し入れてきたことに対し
   とんでもないことだと感じた
と述べた。

 菅氏は昨年3月15日午前3時ごろ
   海江田万里経済産業相(当時)
から官邸で仮眠中に
   東電が撤退したいと言ってきている
と連絡を受けたと話した。 

 菅氏は細野豪志首相補佐官(同)から吉田昌郎福島第一原発所長(同)からの電話を回してもらい
   所長からまだやれると聞いた
ことを明らかにし
   清水氏が自ら撤退しないと言ったことはない
と付け加えた。

東電への根強い不信感
   事故発生の翌12日朝に現地を視察
したことに関して、菅氏は東電からは
   電源車を現地に送る
から協力してほしいなどと言ってきたが
   根本的な状況
の説明が全くなかったと批判した。

 地震・津波の状況を上空からでも直接見ておくことは対策を立てる上で重要だと判断したと説明した。

 原子炉を冷却するための
   海水注入を止めるように指示
を出したとされる問題について、菅氏は
   海水注入を止めろ
と言ったことはないと明言した。

 

       ↓ 応援のクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 事故直後に「電源車を現地に送る」よう要請があったにもかかわらず、現地を空から視察するなどと言う意味のない行動を取ったことが問題だ。
 要請があった時点で、電源車を現地に送り注水しておれば何も問題が起こらなかったかもしれない。

 政治主導というなの首相の思い上がりが元凶だったようにも見える。調査委員会での発言も事故時の行動を正当化しようという意図があるようだが、時系列で見れば決断が遅く、敵対的な関係を官僚との間で構築しメディアの口車に乗り有効な情報すら選別する能力があったのか疑問も残る。
 発言のいたるところに判断の遅れやミスが多い感じがあり、危機対策の欠如が当時の政権にあったのだろう。

 
 地震や津波は自然災害だが、対応の遅れを生じさせ被害を拡大したのは人災だが、東電の動きを考えれば、投手の電源確保が首相が協力し現地に自衛隊を使って運搬すればこれだけの被害が生じなかったのではないだろうか。
 菅氏の発言を聞くと、自己弁護を繰り返しているようにしか見えない。

 悲劇のヒーローのつもりか?チェルノブイリの事故を超える災害と判断するのは爆発した15日以降だろう。

 爆発するまでの4日間に現地に電源車を運搬し冷却水として注水すれば事故など起きなかった可能性が高いのではないだろうか。

 結果が最悪となった責任を東電だけに負わせていることには悪意を感じる。

 

« 地方在住者向け自動車買い替え補助制度を近く再開(中国) | トップページ | カタールの大型ショッピングセンターで大火災 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54825063

この記事へのトラックバック一覧です: 事故直後、東電からの「電源車を現地に送る」要請を菅首相は無視?:

« 地方在住者向け自動車買い替え補助制度を近く再開(中国) | トップページ | カタールの大型ショッピングセンターで大火災 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ