« 英国同様、成長を生まない現実逃避の政権は... | トップページ | いったいEUは何様のつもりだ!? »

2012.05.26

人民元は著しく過小評価?

 米国財務省は、25日、為替政策に関する
   議会への半期報告書
で、中国を
   為替操作国
に認定することは避けた。

 ・ この一冊で「中国の歴史」がわかる!―殷の文明、清の統一から激動の現代まで

 一方、人民元について
   著しく過小評価
されていると指摘した。

 ・ 図解30分で「為替のしくみ」がすっきりわかる本

 財務省は人民元の上昇ペースを引き続き
   注視する
とし、為替レートの一層の柔軟性を求めていく意向を明らかにした。
 さらに、米ドルならびに
   主要貿易相手国の通貨
に対する為替レートの
   継続的な上昇
を容認することは、中国の国益につながると強調した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 世界経済が停滞している時期に中国を為替操作国として名指しで非難し制裁を加えることは出来ないだろう。

 

      

デヴィッド・ギャレット
 (David Garrett 1981年9月4日 )
 本名 ダーフィト・ボンガルツ(David Bongartz)
 ドイツ出身のアメリカ合衆国のヴァイオリニスト兼モデル
 4歳の時に、兄のために父親が買ってきたヴァイオリンに興味を覚え、翌年にコンクールに出場して優勝、7歳になるまでに毎週1度、公開で演奏するようになった。
 リューベック高等音楽学校でヴァイオリンを学ぶ。
 12歳で、ポーランド出身の有名なヴァイオリニスト
   イダ・ヘンデル
に師事した。13歳で2枚のCDを録音し、ドイツやオランダのテレビに出演している。

 黄金時代の名器の一つに数えられる
   ストラディヴァリウス・サン・ロレンツォ
を提供されて使うようになる。
 19歳でラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスの指揮の下にベルリン放送交響楽団と共演し、評論家から称賛を受けた。
 その後はロンドン王立音楽大学に学び、21歳でBBCプロムスにも出演、2004年にはジュリアード音楽学校を卒業した。

 

  David Garrett - Zigeunerweisen (Gypsy Airs)
  

 
      

« 英国同様、成長を生まない現実逃避の政権は... | トップページ | いったいEUは何様のつもりだ!? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54800335

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元は著しく過小評価?:

« 英国同様、成長を生まない現実逃避の政権は... | トップページ | いったいEUは何様のつもりだ!? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ