« 報道番組を「結論ありき」で取材するからだ!! | トップページ | ユーロ圏の景気見通しは一段と不透明になっている(ECB) »

2012.05.04

経済回復遅々と進まぬ

 プロッサー総裁(フィラデルフィア連銀 米)はカリフォルニア州サンタバーバラで講演し
   今年と来年の米経済成長率
について約3%と予想した。
 その上で、景気の先行きに関しては他の多くの政策当局者よりも楽観的だと述べた。

 講演では個人の見方としては、若干ではあるが楽観度の強いグループに入ると説明した。
 インフレ率については
   2%近く、もしくはそれを若干上回る水準
を予想している。

 なお、自身の見通しでは
   楽観が最も明白
なのは失業率で、3月時点の8.2%から今年末までに7.8%に低下すると述べた。
 なお、この先、さらに13年に入れば7%「近く」に下がると続けた。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 景気回復の足取りはゆっくりだが、回復の方向性は順調と言うことだろう。こうした動きが加速するためには経済の補完関係にある日本の景気がよくならないといけない。
 ただ、政策が愚策ばかりで景気の足を引っ張るものを進めようとしており、他国を利することに邁進するような政治家は早々排除しないと、明治維新に不公正条約を締結し国内の資産を奪い取られる羽目となった状況と同じで、地位の確保までに多くの努力と時間を必要としかねない。

  

« 報道番組を「結論ありき」で取材するからだ!! | トップページ | ユーロ圏の景気見通しは一段と不透明になっている(ECB) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54625798

この記事へのトラックバック一覧です: 経済回復遅々と進まぬ:

« 報道番組を「結論ありき」で取材するからだ!! | トップページ | ユーロ圏の景気見通しは一段と不透明になっている(ECB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ