« 4月の日本の貿易収支は、2カ月連続の赤字 | トップページ | ユーロ共同債構想をめぐって激しく対立 »

2012.05.24

ギリシャがユーロ圏を離脱しても欧米経済には影響が軽微だが...

 ロイター通信によるとブラード総裁(セントルイス連銀)はギリシャが
   ユーロ圏を離脱
しても、米国や欧州各国に大きな打撃を引き起こさないだろうと述べたと伝えた。

 ギリシャは離脱の可能性があるが、欧州や米国の経済に対し大きな打撃を与えずに適切に対処可能だと考えていると語った。

 ・ 闇の終焉と地球元年

 欧州中央銀行(ECB)が欧州地域の
   銀行システムを支えること
を約束しており、米国の経済や金融システムへのリスクは抑制されると指摘した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 欧米経済はもとも金融市場で過去莫大な利益を収奪しており、濡れ手に粟で手に入れた部分などの減額だけだろう。

 ・ 骨なし日本からの垂直転換 日月神示 立直しの「超」暗号  ミロクは「福」の島から始まる!

 それに比較すれば昨年G20以降に購入した日本や欧州の金融不安で貿易収支の黒字を削減させられる野を回避する為に米ドル等を投入してギリシャ国債を買った中国などは馬鹿を見る可能性が高い。

  

« 4月の日本の貿易収支は、2カ月連続の赤字 | トップページ | ユーロ共同債構想をめぐって激しく対立 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54786422

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャがユーロ圏を離脱しても欧米経済には影響が軽微だが...:

« 4月の日本の貿易収支は、2カ月連続の赤字 | トップページ | ユーロ共同債構想をめぐって激しく対立 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ