« 4月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)改善 | トップページ | 後生可畏 »

2012.05.04

古い思考 だと批判する方が、矛盾に満ちた思考だ!!

 独紙ケルン・シュタットアンツァイガーが3日付で報道したところによるとドイツの
  メルケル首相
は欧州金融危機で得た主要な教訓が
   債務削減
であり、これを批判する野党を
   古い思考
だと批判したと報じた。

 ・ 原始ゲルマン民族の謎―「最初のドイツ人」の生と闘い

 ドイツで最も人口の多い州である
   ノルトライン・ウェストファーレン州
での選挙応援に先立ち同紙とのインタビューに応じたもの。

 ・ ゲルマン紙幣一億円

 同首相は最大野党である社会民主党(SPD)の思考に対し
   支出増ありき
で、その後でようやく債務に対応するという主義を支持していると述べ、こうした考え方は
   われわれの子供や孫の不利益
になると指摘した。

 なお、ドイツでは今後10日以内に2つの州選挙が行われる。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 日本の政治家やメディアも同様の論調であり、将来にツケを回さずに現役世代で処理するような発言を聞くが、そもそも社会の構造が理解できていない感じにも聞こえるものだ。

 建設国債を含め社会インフラの整備で道路交通網や下水道などが整備され効率的な物流が行えるようにした部分の使用料等が社会に与えるメリットは将来における収入の利益を保証したものでもある。

 ・ ゲルマン神話―北欧のロマン

 将来の世代に年金の赤字を回さないと言う論拠等を優先させるのであれば、社会インフラに投資した部分をゼロにして原野に戻して引き渡すことを考えれば明らかに矛盾が生じることが分かると言うものだ。

 年金を支払い社会インフラ等に投資し経済が発達した事実を無視して、現役世代に負担を強いるような論調は正論ではない。

    

  

« 4月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)改善 | トップページ | 後生可畏 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54628564

この記事へのトラックバック一覧です: 古い思考 だと批判する方が、矛盾に満ちた思考だ!!:

« 4月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)改善 | トップページ | 後生可畏 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ