« 日本は欧州の財布か?! | トップページ | ドイツの4月の鉱工業生産 »

2012.06.06

金融政策を通じた景気刺激の余地

 オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は5日
   政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ
3.5%とした。
 同国のスワン財務相は5日、オーストラリアには
   まだ金融政策を通じた景気刺激の余地
があると述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 景気が回復しなければ金利を引き下げると言うことだろう。
 金利が高い国は国内資源が豊富であるものの開発時間は資源の量に比例するため、他の産業が崩壊してしまえばその後は投資国家として資金の有効活用をしなければ貧しくなるだけだ。

 日本は財政問題をとやかくいっているが、欧米の金融機関などの投資家が円を買う意図を考えるべきだ。
 日本国民が保有している資産を狙った行動で円買いを進めているのであり、これに対抗して政府が為替介入で非難を受けない意図なのかODAや欧州への資金提供など戦略なき金を使って大損していることが一番問題だ。

 円と言う紙幣の価値のギャップを埋めるために税金を引き上げ財政問題を解消することは円を買い上がる欧米の投資家の掌の上に乗った金融政策であり、信用度の格差を国民の税金を使って埋めて円の価値を維持すること、つまり、円高を肯定することと同じだ。
 価値のギャップを日本国民に負担なく預貯金等の資産を守って軌道を元に戻すためには財政問題を表面上さらに悪化させるため、円紙幣を大量に刷って市場に投入すればいいだけだ。
 円が安くなれば保有する外貨で調整して底値を決めることが出来る。
 この下落幅が日本の利益になり、刷って膨らんだ円は清算してしまえば財政負担もなくなるということだ。

 世界をフローしているマネーは一定時期まで1000兆円程度であったが、量的緩和などで大幅に増えており、それが利益を求め日本に流れ込んで一種のマネーロンダリングを行っているのに過ぎない。
 こうした、集中砲火的な円高を是正するには正攻法ではなく奇兵を用いた手法が必要だろう。

 ここ数代の財務相や日銀総裁がこうした奇兵を用いる術や能力がないのが日本にとっては不幸そのものだ。

 
 

« 日本は欧州の財布か?! | トップページ | ドイツの4月の鉱工業生産 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54887181

この記事へのトラックバック一覧です: 金融政策を通じた景気刺激の余地:

« 日本は欧州の財布か?! | トップページ | ドイツの4月の鉱工業生産 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ