« ギリシャのデフォルト(債務不履行)は金融市場で織り込まれている | トップページ | マラス氏が率いる新民主主義党(ND)が再選挙で勝利したもよう »

2012.06.17

経済が著しく弱体化している時に公的赤字の削減を急ぐべきではない(IMF)

 国際通貨基金(IMF)は15日に公表した
   スペインに関する年次報告書
で、同国の2012年の財政再建目標は未達成となるとの見通しを示した。
 スペイン経済が著しく弱体化している時に公的赤字の削減を急ぐべきではないとの立場を示した。

 

同報告書で、スペインが2012年に財政赤字を
   対国内総生産(GDP)比
で2011年の8.9%から5.3%に削減することを目指している。
 この対応について、成長見通しの弱さを踏まえると
   赤字は圧縮された時間枠
の中では埋め合わせることはできないとし、今年の
   財政再建目標を達成できない公算
が大きいとの見方を示した。

 そのうえで、中期目標はおおむね適切としながらも
   著しい弱体化
が見られている間は、より平坦な道筋をたどることが適切だとした。

 

また、欧州各国が合意したスペインの銀行の資金増強に向けた
   最大1000億ユーロ(1260億ドル)
の支援について、IMFは、銀行に対するてこ入れを行い
   金融セクターを再編す
るために、スペインは同支援を最大に利用するべきと提言した。

 

スペイン政府は、外部支援を必要としている銀行と存続が不可能な銀行の区別を早急に行うと同時に、政府が行う金融支援の中身についても早急に策定する必要があるとも提言した。

 

付加価値税(VAT)などの間接税の引き上げや、民営化、公的部門の給与引き下げなど含む改革を推し進める必要もあるとした。
 さらに、ユーロ圏首脳に対し、銀行の資金調達を確実にし、債務危機を収束させるため
   財政同盟
   銀行同盟
の実現に向けた行程表の提示に向け早急に行動するよう呼びかけた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 IMFの提言が適切かどうかには疑問もあるところだ。
 そもそもアジア通貨危機における過酷な財政緊縮策で日本、韓国、台湾をはじめとする東南アジア諸国での企業や国家の財力が奪われた。
 その元凶を考えると日本が今陥っている円高同様欧米の投資家の餌食になったということにも見える。

 この流れの歪がやっと欧州に流れ込んだが、本来であればアジア通貨危機同様の措置を講じる必要があることを要求すべきIMFは基準を引き下げすぎている感じだ。
 内部に溜め込んだ、これまでの利益や権益網を吐き出させる必要があるだろう。

  

« ギリシャのデフォルト(債務不履行)は金融市場で織り込まれている | トップページ | マラス氏が率いる新民主主義党(ND)が再選挙で勝利したもよう »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54984702

この記事へのトラックバック一覧です: 経済が著しく弱体化している時に公的赤字の削減を急ぐべきではない(IMF):

« ギリシャのデフォルト(債務不履行)は金融市場で織り込まれている | トップページ | マラス氏が率いる新民主主義党(ND)が再選挙で勝利したもよう »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ