« スペイン国債相場が上昇 | トップページ | ギリシャが離脱した場合、銀行システムを支える資金は最大2590億ユーロ »

2012.06.05

安住財務相 円売り市場介入でだんまりを決め込み

 安住財務相は4日の記者会見で
   円売り市場介入
や、現在の1ドル=77~78円台の円高基調について、先週末までは
   行き過ぎた動き
が続くようであれば
   断固として対応する
などと発言してきたが、一転して、だんまりを決め込み
   ノーコメント
を繰り返した。

 

4日午前の東京外国為替市場では
   投資家からの大口の円売り注文
が市場介入と間違えられ、投機筋が追随して、円相場が対米ドルで瞬間的に50銭近く円安に振れるなど
   市場介入への警戒感
が急速に高まっている。

 なお、介入の実施は財務相の専管事項で、介入関連の質問について、安住氏は
   ノーコメント
を貫いた。
 一方、株安に関しては
   日本経済の実態を反映していない
と不満を漏らした。

  

       ↓ 応援のクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 もしも介入していたならば、ノーコメントは介入の威力を弱める行為であり話しにならない。
 逆に、介入を荷おわ得る発言を繰り返して円高を放置した行動も、介入時の力を削ぐ背信行為でしかなく、政治主導の欠陥を露呈した行動だ。

  

« スペイン国債相場が上昇 | トップページ | ギリシャが離脱した場合、銀行システムを支える資金は最大2590億ユーロ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54879709

この記事へのトラックバック一覧です: 安住財務相 円売り市場介入でだんまりを決め込み:

« スペイン国債相場が上昇 | トップページ | ギリシャが離脱した場合、銀行システムを支える資金は最大2590億ユーロ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ