« 追加緩和策を講じる可能性は一段と高まった(米国) | トップページ | あおなみ線(区間5キロ)にSL走行計画? 煙や音も課題 »

2012.06.02

スペインが 銀行セクターの資本増強 で外部支援要請に追い込まれる可能性

 ユーロ圏金融・債券市場では、スペインが
   銀行セクターの資本増強
で外部支援要請に追い込まれる可能性があるとの不安から逃避買いが進んだ。

 ・ 何も知らなかった日本人―戦後謀略事件の真相

 スペイン国債の利回りはユーロ導入後の最高水準近辺で高止まりし
   独連邦債2年物
は利回りが一時マイナスに低下した。

 米雇用統計が予想より弱い内容となり、同国の景気回復をめぐる懸念が高まったことも地合いを圧迫した。

      

 ユーロ圏に対する市場からの圧力が増す中、投資家の間では
   政策対応を予想する見方
が強まっており、6日の欧州中央銀行(ECB)理事会に焦点が集まっている。

 ・ 歪んだ正義―特捜検察の語られざる真相

 政策措置の観測を背景に、取引後半には
   一部で利益確定
の動きも見られたものの終盤の取引で独連邦債2年物利回りは0.02%となった。
 一時は、マイナス0.01%まで低下する動きも出た。

 ・ 角栄なら日本をどう変えるか―日本再生のための処方箋

 スペイン国債の利回りは一時、ユーロ導入後の最高値付近に上昇し、同国の長期的な資金繰りを不安視する見方が広がった。 欧州委員会が先に提案した
   スペインの財政赤字削減期限の延長
について、ドイツ政府が支持する考えを示した。
 しかし、疑心暗鬼になっている投資家の懸念緩和にはつながらなかった。

 ・ 大統領宛 日本国首相の極秘ファイル

 海外投資家がスペイン国債の保有を減らす中、同国の国債発行は大半が国内銀行によって買い支えられている。
 ただ、アナリストは7日の入札が小規模になるとみており、予定額の調達は可能と予想した。

 

       ↓ 応援のクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 ドイツのメルケル首相やフランスのサルコジ前大統領の軽口発言で市場が混乱してきた過去の状況を思い起こす必要がある。
 政治家の質が常に安定しているわけでもなく、適時発言内容を投資家に同様を与えることで市場の混乱が一定限度を超えて大きくならないような取り組みが必要だろう。

 ・ 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」―

 ただ、日本の為替政策を見れば明らかに国益に反した行動ばかりが目に付くだけで、行政改革や規制緩和というフレーズでいかにもばら色になるとメディアと画策し国民を騙して支持を拡大した政治家など、過去橋本元首相が円高の恫喝で米国債券を売るとの発言の直後に中国人女性等との関係など醜聞をマスコミが流すなど権力を奪われ退陣させられている。

      

 また、70年代田中元首相がロシア(当時ソ連)との間の国交回復で資源の確保を目論み、中国の消費地の確保で米国の経済支配からの脱却を図った動きをロッキード事件により政治生命を絶たれた。

 こうしたマスコミの偏向的とも呼べる、一方的な見方で暗黙的に信じ込まされてきたメデイアの策謀がこれまでの政治の動きをよく考えることで別の背景が見えてくる。

 ・ この国のゆくえ―殺される側からの現代史 

 原発問題も、米国の天然ガスを高値で売り込むための策謀という視点が出てくるし、風力発電や太陽電池パネル等も米国企業の権益を日本の市場に作ることが目的だろう。

 ・ 大マスコミ 疑惑の報道

 日本のメディアが日本の権益を削ぐことに熱心になっており、日本の国民の利益を拡大するような取り組みなどないことは明らかだろう。

 ・ テレビキャスターコメンテイターは本当に信用できるか―イデオロギー的偏向、恣意的批判 彼等は公平を欠いていないか

 

   

« 追加緩和策を講じる可能性は一段と高まった(米国) | トップページ | あおなみ線(区間5キロ)にSL走行計画? 煙や音も課題 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/54855637

この記事へのトラックバック一覧です: スペインが 銀行セクターの資本増強 で外部支援要請に追い込まれる可能性:

« 追加緩和策を講じる可能性は一段と高まった(米国) | トップページ | あおなみ線(区間5キロ)にSL走行計画? 煙や音も課題 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ