« オランド新仏大統領と共同作業「楽しかった」 とメルケル独首相 | トップページ | 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」― »

2012.06.30

欧州首脳が前向きな一歩を踏み出した

 NY時間、外国為替市場では
   ユーロ圏首脳
がスペインの銀行に対する
   緊急融資の返済条件を緩和
したことから
   域内債務危機
の解決が一歩近づいたとの見方につながりユーロが対米ドルで年初来最大の値上がりとなった。

 また、ユーロは対円では8カ月ぶりの大幅高を記録した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 信用不安を後退させ消費を拡大する動きを呼び込み経済活動を活発化させることにより税収を拡大する動きを導くのが政治家の役目だ。
 日本の政治を見れば欧米に媚びた発言がマスコミや経済学者、評論家等により繰り返し行われており、国益を毀損する動きがバブル意向続いてきている。
 無能な政治家が跋扈し、欧米の手のひらに上に乗せられ代理人と化した与野党の政治家やマスコミがバカ踊りする状態では国民の意識レベルが低下するだけだ。

 多くの国民の目と耳を塞がせる偏向的な報道を繰り返し見させられサブミナル効果が加えられては国民の意識が誘導されるのも当然だろう。

 夏の節電などを考えればTV局が放送を止めれば経済活動や国民生活に支障となる節電など必要ではない。
 エアコンを止めれば家の中でTVなど見やしない。

 街に出てもエアコンがない暑いところなどに人が出ることはなく小売や飲食店などで消費が低迷するのは明らかだろう。

 TVで昼間に番組を提供している保険会社や通販等の企業は顧客が節電で健康を害するのを知った上で、あえてTVでモノや保険商品を買ってもらおうと番組を提供しようとしている。

 こうした企業の姿勢を節電の協力する国民はよくよく考えることが必要だろう。

   
  

« オランド新仏大統領と共同作業「楽しかった」 とメルケル独首相 | トップページ | 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」― »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55082741

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州首脳が前向きな一歩を踏み出した:

« オランド新仏大統領と共同作業「楽しかった」 とメルケル独首相 | トップページ | 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」― »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ