« 6月末に開催された欧州首脳会合(サミット) で決定した合意事項を直ちに実行するよう要求 | トップページ | 社会を不安定化させる政治家の発言は問題 »

2012.07.25

スペインへの 本格的な救済策は回避 できるとの見解(OECD)

 経済協力開発機構(OECD)の
   アンヘルグリア 事務総長
               Angel Gurria
は、24日、欧州中央銀行(ECB)が
   スペイン国債を大量に購入
し始めればスペインへの
   本格的な救済策は回避
できるとの見解をメディアの取材で示した。

 欧州はすべての対応策を講じる必要があるが
   なかでもECBが重要だ
と述べ、ECBにはバズーカ砲があると続けた。

 債券利回りを安定させなくてはならないとして、ECBが
   より断固とした姿勢
で、これまで以上の規模で資産購入プログラムを再開するべきだと主張した。

 さらに、イタリアとスペインが7.5%の利回りを支払わなくてはいけない理由はどこにもないと続けた。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 経済回復策の案は多々あるが、実施時期と規模、継続期間は全てが連動し変化していくものであり、適時適切に選択して実施することが肝要だ。

 生き物である経済をある時点で対策を講じてもタイミングがずれれば良策も愚策になる。

 センスが良くないと何もならないどころか経済力をそぎかねないのは企業経営と同じだ。

 マスコミで踊る経済評論家の質の悪さは見るに耐えないものばかりで国民の意識を低下させ経済を悪化させる方向に導く発言が目白押しだろう。

 発言に責任すら持てない、素人同然のマスメディアが育てた経済評論家の跋扈する社会は異常そのものだ。

 

   

« 6月末に開催された欧州首脳会合(サミット) で決定した合意事項を直ちに実行するよう要求 | トップページ | 社会を不安定化させる政治家の発言は問題 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55274219

この記事へのトラックバック一覧です: スペインへの 本格的な救済策は回避 できるとの見解(OECD):

« 6月末に開催された欧州首脳会合(サミット) で決定した合意事項を直ちに実行するよう要求 | トップページ | 社会を不安定化させる政治家の発言は問題 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ