« ギリシャがユーロを離脱するよりもドイツがユーロから離脱したほうが経済的ダメージは少ない。 | トップページ | 獅子奮迅 »

2012.07.21

ギリシャの混迷深刻化

 ギリシャ資産開発基金(HRADF)の
   コスタス・ミトロプロス最高経営責任者(CEO)
は19日、ギリシャ国有資産の売却を担当しているが
   サマラス首相
率いる連立政権からの支援不足を理由に挙げ
   ストゥルナラス財務相
に辞表を提出したことを電子メールで発表した。

   ・ 日本を支配する「鉄の五角形」の正体

 8月10日付で辞任するという。

 同CEOは辞表の中で、新政権は現在の状況下で
   HRADFが必要とする支援
の手を差し伸べていないと述べた。
 政府の全面的な協力なしに
   民営化プログラム
を迅速に進めるのは明らかに無理だと指摘した。

   ・ 日本を貶めた「闇の支配者」が終焉を迎える日

 HRADFでは国をめぐる不透明感の中で資産売却が思うように進まず、6月に
   クーキアディス会長(当時)
が辞任したばかり。
 昨年7月に就任したミトロプロスCEOも基金を去ることになる。

   ・ 闇の支配者“最終戦争”~そして、新しい時代の突入へ~

 なお、ギリシャは救済条件を満たすため、2020年までに国有資産の売却を通じ
   500億ユーロの調達
を目指しているが、これまでのところ18億ユーロしか調達できていないとしている。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 政治家は自分の勢力を拡大し権益を確保しようとするが、有能は官僚等の離脱が相次ぐようではこの先のギリシャ経済の混迷化は深まるだけだ。
 発言だけが先走り実効ある支援等も乏しいのでは、官僚はやる気を削がれるどころか無責任な政治家の責任転嫁を負いかねない。

   ・ 超マインドコントロール2 日本人だけが知らない! 日本と日本人の凄さ!

 日本の政治も同様であり、欧米の権益拡大を目論む勢力の手先でもある与野党の政治家やマスコミの報道で有能な官僚が淘汰されつつあるようだ。
 海外の圧力にディフェンシブな機構を規制緩和や行政改革、事業仕分けといった経費負担や無駄取りといった側面を意図的に課題報道することで国民の意識を偏向させ、海外からの勢力拡大を容易にしつつある現状を考えれば国民の資産1400兆円を強奪される可能性が高まっている。

   ・ 脱・洗脳支配 日本人の資産と思考を奪うマインドコントロールのすべて

 日本の企業グループが相互持合いで株価の保護が作為的にされているが、上場基準でもある流動性を止めるように資金が流入すればどうなるかを考える必要がある。
 日本の証券会社の多くが海外の金融機関や機関投資家等の支配下に組み込まれ、企業情報の多くが流れ出してしまっていることに気づくべきだ。

   ・ 大事なこと ~これだけは知っておきましょう

 攻撃する相手の手の内の情報を取られてしまっており、攻撃対象の弱点となる穴を広げるための消費税増税策だということも考えることが重要だろう。
 単細胞のごとく官僚を攻撃して、弱体化させ国民の目を海外勢力の真の目的から逸らさせる意図がある。

      

  

 過去、ロッキード事件の時と同様の手法が繰り返されている。
 マスコミの報道の自由を逆手に取り、意図的にリークされた情報をさも正しいことのように汲み上げて報道し国民の意識を洗脳している。

   ・ 国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密

 当時の田中首相がロッキード事件で外為法違反等で逮捕されたが、日本が戦後、米国の経済支配から独立するため、ロシア(当時 ソ連)の資源開発と中国の市場を開放することで国内企業の経済力を一気に高め、搾取を繰り返す米国経済の呪縛からの離脱する目論見が日本の雑誌記者の記事やをきっかけとしてメディアの報道によって潰されたものだ。

 ロッキード事件が米国で意図的に情報が操作されたことはその後の経過等から見れば明らかである。

   ・ 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち

 そもそも、日中国交回復が電撃的に行われたことに対し、当時の
   キッシンジャー大統領補佐官
        (当時 Henry Alfred Kissinger
が水面下で中国との交渉中であったのを頭越しに成果を奪われ「あらゆる裏切り者の中でも、ジャップが最悪だ」と激怒し仕返しを目論んだことが発端だとも言われている。

   ・ ロスチャイルド 200年の栄光と挫折

 2006年5月に解禁された米国の外交に関する公文書によればハワイで
   日米首脳会談
が行われた72年8月31日付の
   部内協議メモ(極秘)
によると、キッシンジャー氏は部内協議の冒頭で「あらゆる裏切り者の中でも、ジャップが最悪だ」と発言した。

   ・ 戦後史の正体

 続けて、中国との国交正常化を伝えてきた日本の外交方針を
   品のない拙速さと批判
し、日中共同声明調印のために田中首相が中国の建国記念日に合わせ訪中する計画を非難している。
 また、事情説明のために首相訪中に関する日本からの高官協議の申し入れを拒否したという。

       
   ・ キッシンジャー回想録 中国

 

 まるで、モンロー主義で厭戦気分の強い米国民へのプロパガンダを最大限利用しドイツが戦域を拡大していた欧州戦争への介入を口実とする意図が目的にあり事前準備に真珠湾攻撃を策謀し、攻撃時期を事前に知っていた

   コーデル・ハル国務長官

に日米交渉打ち切りの最後通牒を手交す時刻を攻撃時刻より遅れるように仕組み、意図的に遅らせて日本を掌の上に乗せて躍らせたのと同じだ。

   ・ まだ知らされていない壊国TPP 〜主権侵害の正体を暴く〜

 結果は、米国の目論みの一部が外れ、日本軍の戦闘能力を過小評価し大戦初期における壊滅的打撃を受けてしまった。

 

« ギリシャがユーロを離脱するよりもドイツがユーロから離脱したほうが経済的ダメージは少ない。 | トップページ | 獅子奮迅 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55242799

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャの混迷深刻化:

« ギリシャがユーロを離脱するよりもドイツがユーロから離脱したほうが経済的ダメージは少ない。 | トップページ | 獅子奮迅 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ