« カーネギー自伝 | トップページ | 震天動地 »

2012.07.01

量的緩和策 を拡大する可能性(BOE 英)

 イングランド銀行(BOE 中央銀行 英)は週明けに開催する
   金融政策委員会(MPC)
で、欧州債務危機が英国の経済回復を阻害しているとの認識から
   量的緩和策
を拡大する可能性がある。

 ・ 悪魔の思想―「進歩的文化人」という名の国賊12人

 メディアがエコノミスト41人を対象に実施した調査では次回MPCで資産購入枠を
   500億ポンド(約6兆2700億円)
拡大して3750億ポンドとすることが決定されると多くが予想している。

 4000億ポンドへの拡大を見込み、残りはより少額の拡大あるいは据え置きを予想してるとした。

 ・ 麻薬とユダヤの陰謀史

 BOEのキング総裁は29日の記者会見で、欧州の債務危機が
   不透明感
を強め与信をひっ迫させており、英国の経済回復にとって
   強い向かい風
となっているとの見解を示した。

 ・ 田中角栄 封じられた資源戦略

 金融政策当局者にとっては
   7月のMPC
で行動を起こす方が6月7日の前回会合の時よりも動きやすいのではないかとみられている。

 なお、BOEの前回開催したMPCではキング総裁やアダム・ポーゼン委員らが
   資産購入枠
を500億ポンド拡大するよう主張していたが、結果的には5対4で否決され
   3250億ドルに据え置く
ことを決めている。

 ・ 海底資源―海洋国日本の大きな隠し財産

 なお、政策金利のレポ金利については、多くのエコノミストが過去最低の0.5%での据え置きを予想している。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 景気回復のアクセルを踏み始めることが予想される状況にある欧米と比較すれば、景気回復に伴う経済界風が必要な時期に冷や水を与えるような増税策を目論む政権はアクセルの代わりにブレーキを強く踏むということだ。
 景気回復の政策が取れない政権は早々に退陣すべきだが、野合の3党では似たり寄ったりのものでしかない。

 ・ 精神科医からみた平安の才媛たち その人と作品

 労組が組合員を含め国民の資産に手を突っ込むような政策を支持する姿は労働貴族そのものだ。

  

    

 

« カーネギー自伝 | トップページ | 震天動地 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55098139

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和策 を拡大する可能性(BOE 英):

« カーネギー自伝 | トップページ | 震天動地 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ