« 旱魃被害の拡大 | トップページ | 中国経済の勢いが弱まり、回復の遅れが目立っている »

2012.07.06

不況を潰す弾は切れてはいない

 景気浮揚に向けて欧州中央銀行(ECB)と中国人民銀行(中央銀行)は5日、政策金利を引き下げ、イングランド銀行(英中央銀行)も資産買い取りプログラムの規模拡大を決めた。

 ・ 通貨マフィアがあなたの円を食いものにする―為替を知って儲けますか?為替を知らずに泣きますか?

 また、米国連邦準備制度理事会(FRB)は2週間前、短期債を売却し期間が長めの証券を同額購入する
   オペレーション・ツイスト(ツイストオペ)
を延長している。

 

      

 

 ただ、UBSセキュリティーズの
   モーリー・ハリス氏(チーフエコノミスト)
はラジオ番組「ブルームバーグ・サーベイランス」の司会者トム・キーン氏らとのインタビューで全世界で中銀が
   利下げ
   債券購入拡大
に動いているものの各国中銀にはなお「弾薬」が残っていると指摘した。

 ・ 世界経済を読み解くカギ 金(ゴールド)の秘密

 ハリス氏は実際に協調的なものになることを期待していると述べ、人々は
   問題があることを認識
しているが、中銀にまだ手段が残されていることを忘れていると続けた。

 中国がここ1カ月で2回目の利下げに踏み切り、銀行がローン金利を基準金利に比べ低く設定できる裁量幅も拡大したことについては
    中国が有利
なのは、銀行システムへに対してより大きな影響力があることだと指摘した。

 ・ コモディティ戦争 〔ニクソン・ショックから40年〕

 中国金融当局によるこうした政策の変化は実体経済に影響をもたらすと述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 独裁国家の経済政策は豪腕を用いて押しし済めることは可能だが、国民の意識が方向を誤るような形になると大きな経済活動のショートが起きることになる。

 ・ 日本が「対米従属」を脱する日--多極化する新世界秩序の中で

 もともと、資源を海外に頼る国家がほとんどであり、経済的な影響を排除し囲い込んだブロック経済エリア内での活動で不況等を収束させることは不可能だ。

 

« 旱魃被害の拡大 | トップページ | 中国経済の勢いが弱まり、回復の遅れが目立っている »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55131525

この記事へのトラックバック一覧です: 不況を潰す弾は切れてはいない:

« 旱魃被害の拡大 | トップページ | 中国経済の勢いが弱まり、回復の遅れが目立っている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ