« 救済基金による支援要請は最後の手段とすべき | トップページ | バークレイズ のトレーダーは米司法当局の訴追を受ける恐れ »

2012.07.16

量的緩和第3弾(QE3) の実施を促すのは より悪いニュースだ

 ロックハート総裁(アトランタ連銀)は13日、ミシシッピ州ジャクソンでのイベントで聴衆からの質問に答え、米連邦準備制度理事会(FRB)らは4月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合から6月の会合までの間に世界観が急速に変わったと説明した。

  
 こうした世界観の変化において
   量的緩和第3弾(QE3)
の実施を促すのは
   より悪いニュース
だろうとの認識を示した。

   

 追加の量的緩和について、同総裁自身は
   若干、どっちつかずといった状態だ
と語った。

 ・ お金持ちになる人の目のつけどころ

 同総裁は4月の会合は
   かなり楽観的
だったが、6月の会合では今年の
   経済見通しが下方修正
されたと述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 そのとおりの発言であり量的緩和QE3を求めるといたことは経済活動が停滞しているということの裏返しでしかない。

 ・ バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

 そもそも、これまで市場に対し量的緩和策を米国が行っても、経済回復には役立っているとはいえず穀物市場や原油市場などコモディティ関連の市場に資金が流れ込んだだけで、実体経済の支援にはなっていない。

 それどころが、穀物市場の上昇が直撃した中南米や北アフリカなどでは政治的な混乱が起こりエジプト、リビア、チュニジアでは政権が転覆し、中東ではイエメン等で経済的な混乱から社会が不安定化している。

 ・ 人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳

 世界各地に混乱の火の手を引き起こす動きにしかなっていない量的緩和策では米国民の懐が豊かになるといっても一部に集中するだけで、よくよく見れば国際資本に利益が転がり込んでいるのに他ならない。

 

        

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」
  全米一のマネー・コーチ、お金のカリスマとして高く評価されているハーブ・エッカーのニューヨーク・タイムズ第一位のベストセラー。
 本書は資産ゼロから、たった二年半で億万長者に変身した経験をもとに構築された
   “お金持ちになるエッセンス”
が余すことなくつまっている。
 「お金の専門家」である本田健がカナダの友人からも勧められて読み、最も刺激を受け興奮したという一冊である。

   
 

  

« 救済基金による支援要請は最後の手段とすべき | トップページ | バークレイズ のトレーダーは米司法当局の訴追を受ける恐れ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55205187

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和第3弾(QE3) の実施を促すのは より悪いニュースだ:

« 救済基金による支援要請は最後の手段とすべき | トップページ | バークレイズ のトレーダーは米司法当局の訴追を受ける恐れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ