« 中国には金利政策で経済に活力を与える手数が残っている | トップページ | 中国の海外金融資産が大幅増加 »

2012.07.13

日本は勝てる戦争になぜ負けたのか

  

 

日本は勝てる戦争になぜ負けたのか

  真の敗因、真の戦犯は敗戦によって深い闇の中に葬り去られてしまった!
 どうすれば日本軍は連合軍に勝てたのか。
 新しい指導者となる現代人のための新しい戦争史観入門。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 第二次世界大戦は物量で負けたとよく言われるが、航空機による艦艇の爆撃や上陸用舟艇の活用等戦術的な優位が当初あったものの、戦略的な指揮官の判断のまずさや戦線を拡大させすぎたこと。物資補給の兵站線が長くなり、補給の人材等が莫大に必要となったこと。進行が早すぎ、捕虜の増加と食料等の補給が間に合わなくなったこと。などなど

 米国に対する戦火を始める前に東南アジアの英仏との戦闘に限定した後、中国での戦域拡大を止め、豪・NZから中南米を狙うべきであった。

 機関銃の餌食にするようなバンザイ攻撃などの手法自体が自滅的であった。

 戦闘員と補給要員の比率自体が米国1×6と日本の1×4であったことを考えれば、 捕虜になり米国の食料等の物資を食い尽くし監視要員や運搬要員を増やさせ人員や軍事物資を消耗させる戦略も必要であったろう。

 

  

« 中国には金利政策で経済に活力を与える手数が残っている | トップページ | 中国の海外金融資産が大幅増加 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55606570

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか:

« 中国には金利政策で経済に活力を与える手数が残っている | トップページ | 中国の海外金融資産が大幅増加 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ