« 元の第2四半期のパフォーマンス2005年のドル・ペッグ(連動)制廃止 以後で最悪 | トップページ | この国は俺が守る―田中角栄アメリカに屈せず »

2012.07.02

欧州の5月の失業率は統計が始まって以来の最悪

 ユーロ圏では深刻化する
   景気低迷
   財政緊縮
は、スペインなどで企業に人員削減を促した影響で
   5月の失業率
は1756万1000人(4月比+8万8000人)と統計が始まって以来の最悪となった。
 なお、スペインの失業率は最も高く、5月は24.6%と、前月の24.3%から上昇した。

 欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)の2日の発表によると、5月の失業率は
   11.1%(4月 11%)
と悪化、1995年の統計開始以来の最高となった。

 

 債務危機の悪化が輸出と消費者支出に影響を及ぼし、欧州企業は
   利益確保に向けコスト削減
を迫られている。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 財政支出の抑制が強まれば失業率が増加するのは当たり前のことだ。
 雇用者が増えれば投資額に見合った付加価値がつけば税収は増えるのが筋だろう。
 逆に支出抑制で失業者が増えれば付加価値自体が減少し税収は増えない。

 これを増税に置き換えれば同じ事が言える。
 増税して消費が後退すれば税収など増えずより財政の悪化を加速させるだけだ。
 素人同然に国益を毀損し欧米に媚びる政府など退陣してしかるべきだ。

  

« 元の第2四半期のパフォーマンス2005年のドル・ペッグ(連動)制廃止 以後で最悪 | トップページ | この国は俺が守る―田中角栄アメリカに屈せず »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55105672

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の5月の失業率は統計が始まって以来の最悪:

« 元の第2四半期のパフォーマンス2005年のドル・ペッグ(連動)制廃止 以後で最悪 | トップページ | この国は俺が守る―田中角栄アメリカに屈せず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ