« 消費需要を押し上げる起爆剤は不発(英国) | トップページ | 先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)が悪化 »

2012.07.19

早期の前立腺がんの調査で、手術による救命率はあまり高くないことが解った

 米国人男性を対象とした早期の前立腺がんの調査では、
   前立腺がんの手術を実施した場合
   10年間にわたって経過を観察した場合
の2つの方法を厳密に比較した研究で
   手術による救命率はあまり高くない
ことが研究で明らかになった。

   ・ ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)

 研究では、全米の早期の前立腺がんの患者731人を対象に、外科手術で前立腺を切除した場合と、治療処置を取らず経過を観察した場合とを比較。10年後の時点で手術を受けた患者のうち47%が死亡した。
 大半は他の疾病が原因だった。

   ・ 宇宙を味方にする方程式

 一方では経過観察のみだった患者のうち49.9%が死亡した。

 この研究結果をきっかけに、医師は前立腺がんで
   死亡する可能性が低い患者
を積極的に治療するべきか否かについて議論が高まりそうだ。

 治療は排尿障害や性的機能障害などの副作用を引き起こす可能性がある。

   ・ 楽しく上手にお金とつきあう

 米がん協会のオーティス・ブローリー最高医療責任者(CMO)は米国で過去20年間、われわれが行ってきたことが多くの男性に
   不必要な苦痛
を与えていたのは疑問の余地がないと考えている。 

 多くの前立腺がん患者について、経過観察が可能で治療の必要がないことを示す重要な証拠があることを男性たちに知らせる必要があると述べた 。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 なかなか難しい問題だ。
 科学技術が進めば新たな真実が明らかになるものの、時間がたてばまた別の問題や事実が定義される。

   
   

« 消費需要を押し上げる起爆剤は不発(英国) | トップページ | 先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)が悪化 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55232159

この記事へのトラックバック一覧です: 早期の前立腺がんの調査で、手術による救命率はあまり高くないことが解った:

« 消費需要を押し上げる起爆剤は不発(英国) | トップページ | 先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)が悪化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ